「泊まれる本屋」がコンセプト、池袋に訪日外国人向けホステルが開業 画像 「泊まれる本屋」がコンセプト、池袋に訪日外国人向けホステルが開業

インバウンド・地域活性

 賃貸不動産の仲介や不動産開発などを手がけるアールストアが、訪日外国人などをターゲットに「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」を開業する。東京・池袋駅徒歩1分の立地で、今年9月オープン予定。

 同ホステルは本棚にベッドが埋め込まれたような構造になっている。「本を読んでいるうちに眠りに落ちてしまった」という体験を再現するのを狙ったつくりとなっている。

 デザインはSUPPOSE DESIGN OFFICE、選書は本のセレクトショップ・SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSが担当。実際に本の販売は行わないが、手にとって読むことができる。国内旅行者の宿泊も可能で、日本人向けの本もラインナップされる。また、宿泊以外にラウンジスペースの利用もできる。

 オープンに先駆けて7月13日から25日にかけて、同ホステルの一室のデザインを再現したスペースがSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS内に設置される。低価格宿泊施設市場でコンセプトによって差別化する試みといえるだろう。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  4. ~HJ HJ EYE:7~新しい「つながり」で始めるパブリックベンチャー

  5. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

アクセスランキングをもっと見る

page top