飛翔音でドローンを検知――理経が米ドローンシールド社システムの販売開始 画像 飛翔音でドローンを検知――理経が米ドローンシールド社システムの販売開始

IT業務効率

 理経は9日、米・ドローンシールド社と新規販売代理店契約を締結し、ドローンの特徴的な飛翔音を検知するシステム「DroneShield」の販売を開始したことを発表した。

 レーダーでも感知できない小型のドローンも高精度で検知し、約150m離れた場所からでも飛翔するドローンを検知することを可能としている。

 小型ドローンの侵入検知が防犯、防災面で重要視されている中で、米・ドローンシールド社は飛翔音を検知する独自の特許技術を活用したシステム「DroneShield」を開発し販売している。通常は約150mの検知範囲だが、別途パラボラアンテナを使用することで1,000m離れた場所からも検知可能としている。

 ドローンの飛翔音を検知した場合は、アラート機能によってスマートフォンなどへメールで通知を行う。

 理経は販売代理店契約を締結し、同社が従来から扱っている官公庁・自治体向け防災システムなどの警戒システムと融合させ、主に自治体や警察、自衛隊、警備会社、原発や空港などの施設等に販売を行う。価格は50万円から。

理経、接近するドローンの飛翔音を検知・通知するシステムの販売を開始

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  9. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  10. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

アクセスランキングをもっと見る

page top