飛翔音でドローンを検知――理経が米ドローンシールド社システムの販売開始 画像 飛翔音でドローンを検知――理経が米ドローンシールド社システムの販売開始

IT業務効率

 理経は9日、米・ドローンシールド社と新規販売代理店契約を締結し、ドローンの特徴的な飛翔音を検知するシステム「DroneShield」の販売を開始したことを発表した。

 レーダーでも感知できない小型のドローンも高精度で検知し、約150m離れた場所からでも飛翔するドローンを検知することを可能としている。

 小型ドローンの侵入検知が防犯、防災面で重要視されている中で、米・ドローンシールド社は飛翔音を検知する独自の特許技術を活用したシステム「DroneShield」を開発し販売している。通常は約150mの検知範囲だが、別途パラボラアンテナを使用することで1,000m離れた場所からも検知可能としている。

 ドローンの飛翔音を検知した場合は、アラート機能によってスマートフォンなどへメールで通知を行う。

 理経は販売代理店契約を締結し、同社が従来から扱っている官公庁・自治体向け防災システムなどの警戒システムと融合させ、主に自治体や警察、自衛隊、警備会社、原発や空港などの施設等に販売を行う。価格は50万円から。

理経、接近するドローンの飛翔音を検知・通知するシステムの販売を開始

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

    飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  3. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

    進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  4. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  5. LINEがインドネシア大手銀行と提携、モバイル決済取引サービスを展開

  6. IoT活用で迷い猫探しができる「ねこもに」が6月からサービスイン

  7. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  9. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

  10. ペットの迷子対策にも? 世界最小級の動物用マイクロチップ発売

アクセスランキングをもっと見る

page top