ミャンマーで最低賃金紛争――縫製業者協会、経営者側と対立 画像 ミャンマーで最低賃金紛争――縫製業者協会、経営者側と対立

マネジメント

日給3600チャットが承認された場合は、工場閉鎖も視野
ミャンマー縫製業者協会(MGMA)は、国家最低賃金策定委員会が提案した最低賃金日給3600チャット(約390円)について、支払うことができないと主張した。また、中国と韓国の繊維業者からは、政府が最低賃金日給3600チャットを承認した場合には、9月にも工場を閉鎖すると通告した。

繊維業者らは、労働者に対し、現在日給1500~2000チャット(約160円~220円)を支払っている。なお、同協会は、1日2500チャット(約270円)までの支払いは可能であるとしている。

物価高で経営努力を行うも、賃金増で工場経営は限界に
ミャンマー縫製業者協会、KHINE KHINE NWE氏は、 
物価の上昇で経費が増加している中で、経営者が労働者に日給3600チャットを支払うことは大変厳しい。経営者は懸命に経営努力を行っているものの、給与の支払いがこれ以上増えるならば、工場の経営は限界となるであろう。(mitvNEWSより)

と、工場経営の厳しい現状を訴えた。

ミャンマーは、隣国のバングラデシュより賃金は高いものの、1ヵ月の賃金が100ドル(約1万2000円)を超えるベトナムや中国と比較すると、ミャンマーの賃金は低い水準にとどまっている。

ミャンマー縫製業者協会 最低賃金案提示に反発

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  2. 農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

    農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

  3. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

    保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

  4. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  5. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  6. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  7. 4~9月の建設業倒産、17%減…25年ぶり低水準に

  8. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  9. 「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

  10. 2016年1-3月期、鋼材需要見通し2.8%

アクセスランキングをもっと見る

page top