ミャンマーで最低賃金紛争――縫製業者協会、経営者側と対立 画像 ミャンマーで最低賃金紛争――縫製業者協会、経営者側と対立

マネジメント

日給3600チャットが承認された場合は、工場閉鎖も視野
ミャンマー縫製業者協会(MGMA)は、国家最低賃金策定委員会が提案した最低賃金日給3600チャット(約390円)について、支払うことができないと主張した。また、中国と韓国の繊維業者からは、政府が最低賃金日給3600チャットを承認した場合には、9月にも工場を閉鎖すると通告した。

繊維業者らは、労働者に対し、現在日給1500~2000チャット(約160円~220円)を支払っている。なお、同協会は、1日2500チャット(約270円)までの支払いは可能であるとしている。

物価高で経営努力を行うも、賃金増で工場経営は限界に
ミャンマー縫製業者協会、KHINE KHINE NWE氏は、 
物価の上昇で経費が増加している中で、経営者が労働者に日給3600チャットを支払うことは大変厳しい。経営者は懸命に経営努力を行っているものの、給与の支払いがこれ以上増えるならば、工場の経営は限界となるであろう。(mitvNEWSより)

と、工場経営の厳しい現状を訴えた。

ミャンマーは、隣国のバングラデシュより賃金は高いものの、1ヵ月の賃金が100ドル(約1万2000円)を超えるベトナムや中国と比較すると、ミャンマーの賃金は低い水準にとどまっている。

ミャンマー縫製業者協会 最低賃金案提示に反発

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

    アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

  2. 国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

    国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

  3. 国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

    国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

  4. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  5. 「障がい者視点を生かしたマーケティング・リサーチ」に新展開

  6. 顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル

  7. 西松屋チェーンに買いたたき違反、中企庁が公取委へ措置請求

  8. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  9. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  10. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top