車販売のガリバーが自社リソースを活用した新規事業アイデアを募集 画像 車販売のガリバーが自社リソースを活用した新規事業アイデアを募集

制度・ビジネスチャンス

 中古車売買のガリバーインターナショナルは、ガリバーの持つ様々なアセットを起業家に開放し、新しいクルマ社会の実現に向けたビジネスを共に創造していく共創型新規事業開発プログラム「Gulliver accelerator」(ガリバー・アクセラレーター)を、8日より開始した。

 「Gulliver accelerator」ではまず、起業家を対象にして、新サービスや新規事業に関する事業プランを募集し、コンテストを開催する。コンテストを通過したプランに対して、ガリバーの持つアセット(情報や人材など)の提供や、必要に応じて投資を行ない、新たな事業開発を具体的に実施していく。「アクセラレーター」とは何かを加速する装置、人、という意味。

 ガリバーは、2018年3月期までにクルマ業界におけるネット・IT領域で、総額100億円の投資を計画している。その中長期計画の一環として「Gulliver accelerator」を開始した。クルマ業界はコネクテッドカーの開発や、IT企業の参入など、大きな変革期を迎えている。ガリバーはすでに、クルマのライフスタイル店舗「HUNT」、クルマとの双方向コミュニケーションアプリ「Drive+」など、既存の中古車業界にない新規事業も開拓してきた。「Gulliver accelerator」を通じて、新たなイノベーションを意図する。

 Gulliver acceleratorでガリバーが提供する様々なアセットは、年間21万台の車両流通情報、470店以上のリアル店舗チャネル、サービスプラットフォームなどがある。陸送や整備のネットワーク情報、HUNT、Drive+など新業態や保有ツールに関する情報、中古車の値付けや査定に関するノウハウも必要に応じて提供される。事業開発プログラム期間中のサポートとして、定期ミーティングの開催、出資や事業提携などを予定している。コンテストの賞金は100万円、事業投資は最大2億円だ。

 コンテストは、8月3日までがプラン募集期間。書類選考の通過チームは8月29日のビジネスプランコンテストに参加し、ここで事業開発プログラムへの参加チームが選抜される。選抜されたチームはアセットの提供やメンターのサポートを受けながら、具体的に事業開発を実施、12月にその成果を発表する。書類選考の通過は約10チーム、事業開発プログラムへの参加は3~5社を予定している。応募はガリバーのウェブサイトから。

ネット・IT領域で新規事業コンテスト……車販売のガリバーがアイデア募集・支援

《高木啓》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  6. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  7. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  8. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  9. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  10. 大阪府茨木市、産学官協力の大規模物流施設/「彩都もえぎ物流施設計画(仮称)」

アクセスランキングをもっと見る

page top