文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査 画像 文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査

ライフ

 文科省は都道府県教委などにを対象に「居住実態が把握できない児童」に関する調査を始めた。この調査は厚労省が児童虐待の防止を狙いに行うもので、6月1日の時点で居住実態が把握できない児童について今年11月1日までの対応状況などを明らかにする。報告期限は11月16日。居住実態を把握するために実施した家庭訪問の回数、児童相談所や警察との連携状況などを調べる。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

page top