文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査 画像 文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査

ライフ

 文科省は都道府県教委などにを対象に「居住実態が把握できない児童」に関する調査を始めた。この調査は厚労省が児童虐待の防止を狙いに行うもので、6月1日の時点で居住実態が把握できない児童について今年11月1日までの対応状況などを明らかにする。報告期限は11月16日。居住実態を把握するために実施した家庭訪問の回数、児童相談所や警察との連携状況などを調べる。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【回転窓】駅と乃木坂46

    【回転窓】駅と乃木坂46

  2. 出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

    出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

  3. 仕入れ・仕込みは万全? 東洋水産が冷やし中華の始め時、指数を公開

    仕入れ・仕込みは万全? 東洋水産が冷やし中華の始め時、指数を公開

  4. 居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

  5. 五輪エンブレム問題、組織委員会会見……「模倣でない」「似ても良い」「責任ない」

  6. 小学校英語で教員増強を、9都県市が文科大臣に要望

  7. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

アクセスランキングをもっと見る

page top