文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査 画像 文科省、虐待防止狙いに「居住実態」を調査

ライフ

 文科省は都道府県教委などにを対象に「居住実態が把握できない児童」に関する調査を始めた。この調査は厚労省が児童虐待の防止を狙いに行うもので、6月1日の時点で居住実態が把握できない児童について今年11月1日までの対応状況などを明らかにする。報告期限は11月16日。居住実態を把握するために実施した家庭訪問の回数、児童相談所や警察との連携状況などを調べる。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  2. 和食の味、チョコでも…キットカットに外国人向けに日本酒味

    和食の味、チョコでも…キットカットに外国人向けに日本酒味

  3. 「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

    「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

  4. 国交省が「DiMAPS」本格運用、被害情報をウェブ地図に集約

  5. 横浜建協・横浜ケンジローが女子高生らにPR ゆるキャラGP控え

  6. ラグビー五郎丸選手「日本代表が強くなった要因」

アクセスランキングをもっと見る

page top