50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成 画像 50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成

海外進出

 埼玉県教委は本年度から、県立高校生の中から、世界で活躍できるリーダーを育成しようと、夏季休業期間中に高校生がアメリカのハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などを訪問すると共に、週末を中心に、地球規模の課題と向き合う講師から指導を受ける「県立高校グローバルリーダー育成塾」を始め、その概要を公表した。

 塾生には50人が選ばれた。11月の米国訪問のほか、元東大総長の小宮山宏プラチナ構想ネットワーク会長、青山学院大学客員教授の榊原英資氏らが講師を務める講演会がある。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  4. ペトロブラス社、ブラジル国内の燃料価格値上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top