50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成 画像 50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成

海外進出

 埼玉県教委は本年度から、県立高校生の中から、世界で活躍できるリーダーを育成しようと、夏季休業期間中に高校生がアメリカのハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などを訪問すると共に、週末を中心に、地球規模の課題と向き合う講師から指導を受ける「県立高校グローバルリーダー育成塾」を始め、その概要を公表した。

 塾生には50人が選ばれた。11月の米国訪問のほか、元東大総長の小宮山宏プラチナ構想ネットワーク会長、青山学院大学客員教授の榊原英資氏らが講師を務める講演会がある。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  6. リンゴ「シナノゴールド」、伊で大規模商業栽培。長野県と契約締結

  7. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  8. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  9. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  10. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

アクセスランキングをもっと見る

page top