15年1~6月の建設業倒産、24年ぶりに千件を割る――東商リサーチ 画像 15年1~6月の建設業倒産、24年ぶりに千件を割る――東商リサーチ

マネジメント

 東京商工リサーチが8日まとめた15年上半期(1~6月)の建設業の倒産は848件(前年同期比18・0%減)と、上半期としては7年連続で前年同期を下回り、1991年(987件)以来、24年ぶりに1000件を下回った。倒産減少は全国的な傾向。同社は、金融機関が中小企業に対して返済猶予に柔軟に応じていることや、公共事業の全国的な拡大、景気回復による設備投資や不動産投資の伸びが倒産を抑制していると見ている。負債総額は1047億7100万円(15・7%減)で、上半期としては過去20年で最少。負債10億円以上の大型倒産が13件(前年同期15件)にとどまったことが影響した。
 倒産件数が前年同月を下回ったのは、6月で12カ月連続。同社は、当面は急増する要因が見当たらないとする一方、業界関係者からは技術者不足や公共事業の一巡を懸念する声も出ていると指摘。地域によって景況感にはばらつきがあることから、推移を見守る必要もあるとしている。上半期の倒産を業種別に分けると、総合工事業が412件(17・1%減)、職別工事業が265件(12・5%減)、設備工事業が171件(27・2%減)だった。原因別では、受注不振が520件(17・4%減)と全体の6割を占め、赤字累積が179件(21・4%減)、運転資金欠乏が44件(37・1%減)、他社倒産の余波が32件(23・0%増)と続いた。一方、帝国データバンクが同日発表した15年上半期の建設業倒産は802件(15・0%減)だった。

15年1~6月の建設業倒産、18・0%減/24年ぶり1千件割る/東商リサーチ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  2. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

    事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  3. 大震災5年-これまでとこれから・4/東北大学災害科学国際研究所所長・今村文彦氏

    大震災5年-これまでとこれから・4/東北大学災害科学国際研究所所長・今村文彦氏

  4. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  5. 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

  6. 水稲コスト低減に向け、農相が生産資材・流通コスト引き下げ要請

  7. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  8. JA全農、海外で国産農畜産物の売り込み強化

  9. 三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

  10. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

アクセスランキングをもっと見る

page top