果汁、バニラ/ジュース感覚で豆乳飲料、多彩な商品で若年層に訴求 画像 果汁、バニラ/ジュース感覚で豆乳飲料、多彩な商品で若年層に訴求

制度・ビジネスチャンス

 ブドウ「巨峰」、ジンジャーエール、バニラアイス――。ジュース感覚で飲める豆乳飲料の商品化が相次いでいる。独特な味のある豆乳を、「まず知ってもらいたい」と、飲まず嫌いな消費者の需要を掘り起こす。積極的に販売するスーパーも増えており、日本豆乳協会は「さまざまな味の商品がスーパーの売り場に並ぶことで、興味を引きやすくなっている」と期待を寄せる。

 大手豆乳メーカーのキッコーマン飲料は、現在35種類の豆乳飲料を取り扱う。イチゴやメロンなどの果汁を使ったものから、杏仁豆腐や甘酒など加工食品のフレーバー(香り)まで幅広い種類を販売する。

 同社によると、豆乳を購入するのは主に40~50代が中心。「将来の消費者になってもらうため、入門編としてさまざまな味を用意している」という。新しい味を販売すること自体は飲料メーカーとしてはよくある取り組みだが、いずれもレギュラー商品として定着させるのは珍しい。「どの味も安定して売れる。それだけ豆乳自体の消費が伸びているのでは」と説明する。

 特産品を使って、味のバリエーションを広げる取り組みもある。JA全農ふくれんの子会社、ふくれん(朝倉市)は、これまでに特産品のイチゴ「あまおう」やイチジク「とよみつひめ」など、特産品を使い5種類の豆乳飲料を販売。人気商品で都内のスーパーでの取り扱いも多い。「豆乳自体の消費も増やしながら、特産品のファンも増やせる」と手応えを話す。

 関東で店舗展開するスーパー、いなげや(東京都立川市)は豆乳の棚を広げ、売り上げを伸ばしている。豆乳全体の売り上げ(4~6月)は前年比16%増。販売点数も17%伸びた。「まとめて買うと安くなるため、複数の味を組み合わせて買っていく客が多い」という。

 日本豆乳協会は豆乳飲料について「豆乳全体の2割とシェア(占有率)こそ小さいが、豊富なアイテム数が棚を広げることに一役買っている」と評価する。
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

    東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  5. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  6. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  7. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  8. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  10. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

アクセスランキングをもっと見る

page top