テインが中国江蘇省宿遷市に初の海外工場を建設 画像 テインが中国江蘇省宿遷市に初の海外工場を建設

インバウンド・地域活性

テインは7月8日、中国の江蘇省宿遷市に建設した、同社初の海外工場となる「天御減振器制造(江蘇)有限公司」のオープニングセレモニーを開催した。

新しく生産を開始する「天御減振器制造(江蘇)有限公司」は、主に中国での内需、およびその他アジア地域、欧州、北米に輸出販売する製品の製造を担う新たな生産拠点となる。

土地面積は約2万平米、予定資本金は約10億8000万円、予定総工費は約27億円。計画生産能力(ライン)は、2015年度は30万本、2016年度は60万本、2017年度は90万本、2018年度は120万本の予定。

同日行なわれた記者会見において、天御減振器制造(江蘇)有限公司 取締役の古林泰氏は、「中国工場では2つの商品を販売していきます。1つは、車高調整機能がついた、現在も販売しているスポーツ向けのサスペンション。これをそのまま、お買い求めやすい値段に広げていきたい。もう1つは、一般のユーザー、つまり補修向けのサスペンション。ロシア、インドなど整備されていない道が多いところは、1年でサスペンションを交換します。こういった地域に、もっと耐久性、物持ちをよくした、純正形状かつプレミアムなものを世界に向けて輸出していきたい」と話した。

テイン、初の海外工場を中国江蘇省宿遷市に建設

《大日方航》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  4. 外国人観光客が集まる街づくり。HANJO HANJO、町田でセミナー開催

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top