【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦 画像 【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦

インバウンド・地域活性

 2015年4月、山梨大学ワイン科学研究センターが文部科学省の支援事業として、葡萄農場に気象センサーを設置した。導入場所に選ばれたのは、葡萄の産地として有名な山梨県勝沼町から車で約50キロ。標高700メートルの冷涼な山間部の山梨県明野町にある三澤農場だった。

 オーナーは日本初の原産地認証ワインを醸造した、県下でも老舗のワイナリーとして知られる中央葡萄酒株式会社。これまでに、国産ワインコンクールなどで数々の賞を受賞し、13年には世界で最も信頼される国際的なワインコンクール「Decanter Asia Wine Awards」でアジア初の金賞を受賞している。

■勘に頼らずに収穫時期を予測する
 三澤農場は中央葡萄酒のオーナー、三澤茂計さんが自ら手掛ける葡萄畑だ。広さは約12ヘクタール。年間にフルボトルで約5万本に相当する葡萄を収穫している。その葡萄畑の中に、今回の取り組みでは気象センサーと日照センサーの2つが設置された。

「光合成による糖の蓄積に加え、赤ワイン特有の色素となるアントシアニンの生成には、日照時間が大きく関わってきます。一方で、成熟が十分でないと、青臭さの原因となるメトシピラジンが強く出てしまう。さらに、降雨量も葡萄栽培には欠かせない情報です。植物は土中の水分が多いと枝葉が伸びやすくなり、果実に行きわたる養分が少なくなってしまいます。また、タンニンの生成も気象に左右され、夏の夜の温度が低い方がシルキーな味わいになるわけです」

 こうした葡萄の成熟に関わる気象情報を集めるにあたって、気象庁の発表しているデータは参考にならないと三澤さんは言う。ひとつ先の農場では集中豪雨に見舞われているかもしれない状況では、よりピンポイントな雨量や日照条件を知る必要があった。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  10. りんくう公園予定地(泉佐野市)、コンセプトは「みどり空間が新しいつながりを築く」

アクセスランキングをもっと見る

page top