【雑貨EXPO Vol.3】ねじ加工の切削技術を応用した小物・アクセサリー――潤製作所 画像 【雑貨EXPO Vol.3】ねじ加工の切削技術を応用した小物・アクセサリー――潤製作所

インバウンド・地域活性

 埼玉県草加市は木ネジ生産で知る人ぞ知る土地である。潤製作所は、持ち前の切削加工技術を、おもちゃやアクセサリ、日用品に応用しさまざまな商品を開発している。

 ブースにはアルマイト加工された小さいけん玉、コマ、だるまおとしなどの玩具が並ぶ。これらはストラップとして売られているものだが、他にもアロマスタンド、箸置き、ボルト型の栓抜き、メガネスタンド、組み立て式のスタンドなど実用品もある。

 コマやだるまおとしはストラップだが、実際に遊ぶことができる。同社は「コマ大戦」のコマも手掛けており、その技術、精度は確かなものだ。

 熱伝導率のよい合金で、凍ったアイスが食べやすいスプーンが話題になるなど、近年、工業製品の精度や機能を付加価値として、アクセサリや日用品に応用する例が増えている。ネット通販ならメーカーも販路を作りやすくなっていることも、この動きを後押ししている。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

アクセスランキングをもっと見る

page top