山形産木材、産学官で利用促進―太陽光パネル架台に 画像 山形産木材、産学官で利用促進―太陽光パネル架台に

インバウンド・地域活性

【山形】山形県の産学官がコンソーシアムを組んで太陽光パネル設置用の木製架台の開発に乗り出す。

 地域材の新用途開発事業の一環で、2015年10月には製品の仕様を固めて、冬場の実証試験を行う。オール山形県産の製品開発に取り組み、開発した製品はコンソーシアムに参画する企業が16年にも販売を目指す。

 県産木材の利用促進に向けた「太陽光発電パネル木製架台開発」コンソーシアムは、木製品製造を手がける、たくみまさの(山形県金山町)、太陽光パネル販売のエスパワー(同天童市)、最上広域森林組合が中核メンバーとなる。

 山形県最上総合支庁、県工業技術センター、山形大学などが参画する。6月に同コンソーシアムの初会合を開いた。

 山形県での太陽光パネル設置用の木製架台は、積雪地帯に適した設計はじめ防腐処理方法、市販の接合金具の活用などコスト競争力を意識した製品開発を進める方針。正野直弥たくみまさの社長は「オリジナリティーのある製品開発を行い、普及させていきたい」としている。
《日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top