【雑貨EXPO Vol.2】ラオス工場で手織り、天然染色の綿製品――京都アンドウ 画像 【雑貨EXPO Vol.2】ラオス工場で手織り、天然染色の綿製品――京都アンドウ

インバウンド・地域活性

 京都で絞り、つまみ生地による製品を手掛ける「アンドウ」は、絞り生地のバッグ、つまみ細工、風呂敷やがま口財布など、和装小物が主力商品だ。

 しかし、今回これらの製品の他、ラオス工場で作っているという綿製品の展示を行っていた。

 ブースでは、現地の工員が紡績と機織りの実演が行われている。紡織は古くからラオスの産業のひとつだといい、チャンパサク県にある同社の工場では、手作業によって綿生地が作られている。染色も現地の方法にならい天然素材によって着色される。

 生地は、淡い色合いでなかなか上品な仕上がりだ。機械織りではなく昔ながらの手作業のため肌触りも悪くない。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 2025年の大阪万博誘致はオールジャパン体制! 有名人も起用

    2025年の大阪万博誘致はオールジャパン体制! 有名人も起用

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(1)

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 南海電鉄の新南海会館ビル建設、大林組JVで9月1日着工

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

  9. 東京・多摩、五輪準備を加速 地域資源生かし「おもてなし」

  10. 高齢者による空き家管理業など4事業、北九州市の支援事業に採択

アクセスランキングをもっと見る

page top