【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店 画像 【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店

インバウンド・地域活性

 加工がしやすく柔軟で用途が広い竹。古くから日本の生活には欠かせない素材だ。東京荒川区の市川商店は、1907年から続く竹細工の専門店。

 ざる、カゴを始め、扇子や箸などの食器類まで、国産の竹にこだわった多数の製品が展示されている。目を引いたのは、昔ながらの大学ノート。このノートは竹を漉いて作られている「竹の紙」でできている。色は薄い黄緑色だが、手触りが非常になめらかだ。

 他にも、竹炭のミネラル成分を利用した天然素材の洗剤も作っていたり、大型商品では昔懐かしい、竹の縁台、ちゃぶ台、椅子などもそろっている。主に業者向けの卸販売がメインだが、同社のホームページでは通販も行っている。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  10. 神奈川県・県立体育センター整備、五輪の事前キャンプに活用目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top