【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店 画像 【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店

インバウンド・地域活性

 加工がしやすく柔軟で用途が広い竹。古くから日本の生活には欠かせない素材だ。東京荒川区の市川商店は、1907年から続く竹細工の専門店。

 ざる、カゴを始め、扇子や箸などの食器類まで、国産の竹にこだわった多数の製品が展示されている。目を引いたのは、昔ながらの大学ノート。このノートは竹を漉いて作られている「竹の紙」でできている。色は薄い黄緑色だが、手触りが非常になめらかだ。

 他にも、竹炭のミネラル成分を利用した天然素材の洗剤も作っていたり、大型商品では昔懐かしい、竹の縁台、ちゃぶ台、椅子などもそろっている。主に業者向けの卸販売がメインだが、同社のホームページでは通販も行っている。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 首都圏3環状開通着々、沿線地域に大きな整備効果

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top