【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店 画像 【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店

インバウンド・地域活性

 加工がしやすく柔軟で用途が広い竹。古くから日本の生活には欠かせない素材だ。東京荒川区の市川商店は、1907年から続く竹細工の専門店。

 ざる、カゴを始め、扇子や箸などの食器類まで、国産の竹にこだわった多数の製品が展示されている。目を引いたのは、昔ながらの大学ノート。このノートは竹を漉いて作られている「竹の紙」でできている。色は薄い黄緑色だが、手触りが非常になめらかだ。

 他にも、竹炭のミネラル成分を利用した天然素材の洗剤も作っていたり、大型商品では昔懐かしい、竹の縁台、ちゃぶ台、椅子などもそろっている。主に業者向けの卸販売がメインだが、同社のホームページでは通販も行っている。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

    CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】蔵元の若手が集まり名古屋の地酒をPR……ナゴヤクラウド

  9. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  10. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

アクセスランキングをもっと見る

page top