空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も 画像 空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

マネジメント

 BORDERLESS株式会社(宮城県仙台市太白区)は8日、使用しない時間帯の駐車場や空きスペースをシェアすることにより、駐車場を経営できるサービス「ボーダーレスパーキング」を7月17日より開始すると発表した。

 法人と個人でともに無料で登録でき、学校行事やイベント会場周辺における駐車場不足や、それに伴って起きる無断駐車の解消を目指すという同サービス。スタジアムやイベント会場近辺に空きスペースを持つオーナーの要望を想定し、多くの駐車場利用が見込めるスポーツの試合やライブイベントの際は、事前に料金設定を変更できる。

 またネットで駐車予約を行うシステムのため、オーナーは事前に駐車場を利用する車種やナンバーが分かり、スペースが利用可能な時間に安心して貸し出せるという。一方、ユーザーも駐車待ちをすることなく、駐車場を利用することが可能だ。

 当初は1日単位でスペースの貸出を行うサービスとなるが、今後は空きスペースオーナーの要望により、月極契約も検討しているという。手軽に駐車場経営ビジネスができるほか、違法駐車の解消にも繋がりそうだ。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  2. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

    【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  3. 日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速

    日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速

  4. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  5. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  6. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  7. 【訃報】北野次登氏・北野建設最高顧問、24日に告別式

アクセスランキングをもっと見る

page top