ベトナムで建設技能者育成――アース建設コンサルが現地3校と協定 画像 ベトナムで建設技能者育成――アース建設コンサルが現地3校と協定

海外進出

 宮崎市に本社を置く建設コンサルタント会社、アース建設コンサルタント(濱村哲之進社長)は、ベトナムで建設技能者の育成に乗りだす。現地の教育機関3校(ホーチミン建設短期大学、ホーチミン交通短期大学、ホーチミン建設専門学校)と提携し、各学長と濱村社長らが6月29日にホーチミン建設短大に「日本建設スペシャリストコース(講座)」を開設する協定を交わした。
 同講座は、各校の2学年終了者が受講対象で、120人程度を募集する。1年目は各校からの推薦者を中心に面接と書類審査で選ぶ。今月末に募集と推薦の受け付けを開始。9月中に合格者を決める。講座の開設時期は10~12月で、同社が派遣する日本の技術者が実技実習を中心に高度な技術・技能を1年かけて教える。仮設、型枠、支保工に特化した人材を養成。技術・技能を兼ね備え、現場の即戦力となる人材の育成を目指す。講座では日本語の習得も重点的に行う予定。卒業後に日本で働きたいと希望する学生に対し、技能研修制度を利用した企業のあっせんなども行う。同社は今回の事業に必要となる資金の一部として宮崎太陽銀行の「地域創生ファンド」を利用する予定。

アース建設コンサル(宮崎市)/ベトナムで技能者育成/教育機関3校と協定締結

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. NTT東日本、ベトナムへ日本の教育ICTを「輸出」強化

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  7. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  8. バンコク出店の「横井うどん」、香川出身の日本人も味にOK!

  9. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

  10. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

アクセスランキングをもっと見る

page top