ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始 画像 ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

海外進出

ミャンマー携帯電話最大手 MPTと提携
ソーシャル・ネット・ワーキングサービスを提供するLINEは3日、ミャンマー携帯電話最大手、ミャンマー郵電公社(MPT)と提携し、ミャンマーにおいてLINEのサービスを正式に開始した。

今年3月、LINEはミャンマーで先行サービスを開始したが、それ以降、利用者数が約3倍に急増した。この実績により、同社は今後も利用者が増加すると判断、ミャンマーでの正式なサービス開始を決定した。

月間利用者数、全世界で1億8000万人
LINEは、2011年に日本でサービスを開始、それ以降は韓国、台湾、タイなど世界230の国と地域でサービスを行っている。また、世界のLINEの月間利用者数は約1億8000万人にのぼり、世界的にも人気のSNSサービスである。

ミャンマーでは、他のSNSサービスが先行して展開している。LINEは、同国では展開してからまだ日が浅いものの、LINEには多くのメリットがあるとして後発のスタートでも問題がないとしている。

LINEミャンマーのDarin Hwangゼネラルマネージャーは、
ミャンマーでは、スマートフォンもインターネットも利用者数は大幅な伸びを示しているが、我々は、LINEの手軽さを前面に打ち出し、利用者数を伸ばしていきたい。(THE NATIONより)

と、意欲を見せた。

LINE ミャンマーでのサービスを正式に開始

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  4. ~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード!

  5. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  6. フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

  7. みちのくプロレス、バンコクで興行、ダンプ松本も参戦!

  8. マレーシアとベトナムのパートナーシップ共同声明

  9. 「難民割り当て案」サミットを開催へ 東欧4カ国

  10. 中東のアフターマーケットが熱い!日本製部品のシェアは高いが出展が少ない――アウトメカニカ

アクセスランキングをもっと見る

page top