「創業スクール」が全国約194カ所で7月から順次開講――中小企業庁の創業支援 画像 「創業スクール」が全国約194カ所で7月から順次開講――中小企業庁の創業支援

インバウンド・地域活性

 中小企業庁は7日、7月から12月中頃までにかけて、創業スクールを順次開講すると発表した。開講予定数は全国約194カ所で、コース数は全259件に及ぶ。

 同スクールでは、創業希望者の基本的知識の習得からビジネスプランの策定までを支援。創業を志す人や興味を持つ人を対象に実施し、地域発の新たな事業の担い手を創出するのが狙いとなる。

 カリキュラムは経営、マーケティング、会計、税務等を用意し、創業に向けて求められる知識やノウハウの習得にはじまり、ビジネスプランの作成も支援。受講希望者のニーズに応じて、「ベーシックコース(受講料1万800円)」「第二創業コース(同5400円)」「女性起業家コース(同1万800円)」と3つの研修コースを用意する。創業スクール受講生が作成したビジネスプランを集め、優良なプランを選定する「第2回全国創業スクール選手権」(2016年2月予定)も開催する予定だ。

 昨年度も同スクールを開講し、全国で3000人以上が受講。「第1回全国創業スクール選手権」を開催したほか、受講後には、支援機や受講生同士のネットワーキング、継続的なフォローアップなどを通じ、創業の準備を進めているという。

 なお、各スクールでは事前に無料体験講座を開催し、カリキュラムの説明等も行っているとのこと。興味ある人は応募しよう。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top