テンプル大学ジャパンキャンパスが小~高校生向け夏限定集中プログラムを実施 画像 テンプル大学ジャパンキャンパスが小~高校生向け夏限定集中プログラムを実施

海外進出

 テンプル大学ジャパンキャンパスが、夏休みに小・中・高校生を対象とした短期集中英語プログラムを提供する。中学1年生と小学5、6年生用は、それぞれ美術、科学、算数など学校の科目をテーマに英語で学ぶプログラムとなっており、同大学の経験豊かな講師と多様な国籍・文化背景を持つ学生アシスタントが児童・生徒の「夏の学び」を全面的にサポートし、日本にいながらアメリカの授業を体感できる。詳細、申し込みは同大学HPを確認のこと。
   
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. 【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

    【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  5. コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立

  6. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  7. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  8. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  9. インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

  10. 日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top