IoTに対応した半導体ひずみセンサー――日立・日立オートモーティブが開発 画像 IoTに対応した半導体ひずみセンサー――日立・日立オートモーティブが開発

IT業務効率

日立製作所と日立オートモティブシステムズは、センサー素子と制御回路を1チップ化した半導体ひずみセンサーを開発し、日立オートモティブシステムズが本格的な量産を開始したと発表した。

ひずみセンサーは、車載機器、産業機器、インフラ構造物などに搭載することで、物体に力が加わることで生じる、ひずみなど、物理的な変化を高精度に測定する。IoT(モノのインターネット)として、効率的に状態管理・制御するのに活用できる。例えば、機器の円滑な動作管理や、故障の予兆診断などに活用できる。

また、独自の金属接合技術も開発し、これをひずみセンサーに用いることで、接合部分の劣化が少なく、長期の信頼性を確保する。

ひずみセンサーの適用事例としては、日立オートモティブシステムズが2012年末から少量出荷しているトルクセンサーが電動アシスト自転車用の機構部品として搭載されている。ペダルをこぐ際にシャフトに発生するトルクを計測し、最適なモーター駆動によるスムーズなアシスト制御を実現している。

日立グループは、車載部品開発で培った高耐久技術と量産基盤をベースに、ひずみセンサーを生産するとともに、今後、これら技術基盤を活用することで、車載、電力、産業機器などの幅広い分野でひずみセンサーを展開、IoT(モノのインターネット)に対応したソリューションサービスへの適用を目指す。

日立と日立オートモティブ、IoTに対応した半導体ひずみセンサーを開発

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  7. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  8. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  9. 【定額制ビジネスに勝算あり:3】少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  10. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top