分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集 画像 分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集

IT業務効率

 七夕の7日、「OriHime(オリヒメ)」という名の小型分身ロボットについて、その新型量産モデルが法人向けに15台限定でレンタルされた。

 「OriHime」は、オリィ研究所が「会いたい人に会いに行ける、行きたいところに行ける」をコンセプトに開発したもので、顔と両手、胴体で構成された半身の人型デザインとなる。遠隔操作で自由自在に動かせるものとしては、世界初のロボットになるとのことだ。

 遠隔操作はiPadなどで行い、インターネット経由で手や顔の向きを自由に動かすことが可能。顔の部分にカメラなどを内蔵し、ロボットに対面する相手と遠隔で会話できる。まさに分身としての利用に対応するのが大きな特徴だ。

 2009年から研究開発をスタートし、80台の試作機を開発。これまでに、ケガをした社長の分身となったOriHimeが社員旅行の懇親会の乾杯の音頭をとる、介護施設に入居する高齢者の分身としてボランティアスタッフがOriHimeを運んで墓参りや買い物に行く、といった事例があったとのことだ。

 今回の新型量産モデルは、初回ロットとして15台を用意。OriHimeを活用したサービスの共同開発パートナーを募集し、ビジネスレンタルの形で先行予約受付を開始した。今後、16年3月までに100台の導入を予定し、これらを使って100通りの新しいサービスの開発を目指す。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  4. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  5. 漁港建協が作業船位置・回航情報システムの運用開始。災害対応迅速化、生産性10%向上

  6. 戸田建設が重機にICT活用/センサーで感知、作業員との接触防止

  7. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  8. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  9. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 西日本高速会社が半断面床版取替工法を試験施工。高速道路では初

アクセスランキングをもっと見る

page top