分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集 画像 分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集

IT業務効率

 七夕の7日、「OriHime(オリヒメ)」という名の小型分身ロボットについて、その新型量産モデルが法人向けに15台限定でレンタルされた。

 「OriHime」は、オリィ研究所が「会いたい人に会いに行ける、行きたいところに行ける」をコンセプトに開発したもので、顔と両手、胴体で構成された半身の人型デザインとなる。遠隔操作で自由自在に動かせるものとしては、世界初のロボットになるとのことだ。

 遠隔操作はiPadなどで行い、インターネット経由で手や顔の向きを自由に動かすことが可能。顔の部分にカメラなどを内蔵し、ロボットに対面する相手と遠隔で会話できる。まさに分身としての利用に対応するのが大きな特徴だ。

 2009年から研究開発をスタートし、80台の試作機を開発。これまでに、ケガをした社長の分身となったOriHimeが社員旅行の懇親会の乾杯の音頭をとる、介護施設に入居する高齢者の分身としてボランティアスタッフがOriHimeを運んで墓参りや買い物に行く、といった事例があったとのことだ。

 今回の新型量産モデルは、初回ロットとして15台を用意。OriHimeを活用したサービスの共同開発パートナーを募集し、ビジネスレンタルの形で先行予約受付を開始した。今後、16年3月までに100台の導入を予定し、これらを使って100通りの新しいサービスの開発を目指す。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

    君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  5. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  6. 北九州市でi-Con推進協が発足/中小企業の工事への導入が課題

  7. RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

  8. 計測したデータをPCに記録! ワインセラーなどに適したデジタル温度・湿度計

  9. 国土地理院がドローン測量職員育成へ新組織設置、i-Con対応で100人体制

  10. 三井住友建設が物流施設向けにPCaPC工法開発、高品質・短時間で大スパン化実現

アクセスランキングをもっと見る

page top