総務省、固定資産台帳活用の施設統廃合モデル自治体選定――川口市、砥部町、精華町など 画像 総務省、固定資産台帳活用の施設統廃合モデル自治体選定――川口市、砥部町、精華町など

インバウンド・地域活性

 総務省は6日、固定資産台帳を含む財務書類のデータを活用して公共施設の統廃合に取り組むモデル自治体として、埼玉県川口市、愛媛県砥部町、京都府精華町の3団体を選定したことを明らかにした。川口市と砥部町は16年度に統廃合の予算特別枠を創設する。さらに川口市は、施設の集約・複合化に特化した新設の地方債を活用する方針だ。モデル自治体にはシステム改修費の一部を財政支援する。モデル自治体は、固定資産台帳や財務書類のデータを整備した上で、老朽施設の解体や建て替え、集約などを行う。データの活用手法として、統廃合の予算特別枠や、固定資産台帳を活用したPPP・PFIの民間提案制度の創設などを条件に設定していた。特に予算特別枠は、市町村長が直接判断することで、思い切った老朽化対策を進められる。
 加えて川口市(人口58万人)は、自治版のインフラ長寿命化計画に当たる「公共施設等総合管理計画」に固定資産台帳のデータを反映させる予定。インフラの詳細なデータに基づいた総合管理計画に仕上げることで、より計画的・効率的なインフラの維持管理と更新につなげる。さらに「セグメント分析」と呼ぶ手法も活用する。行政コスト計算書から利用者1人当たりのコストを算出し、統廃合の検討を行う手法で、このセグメント分析を経て統廃合計画をまとめる。財源には15年度に新設された地方債「公共施設等最適化事業債」を活用する。同債は集約・複合化の事業費のうち地方負担分の90%を地方債を発行して調達することができ、元利償還金の半分を国が交付税で措置する。人口2・2万人の砥部町は、地域金融機関と連携し、PPP・PFIの民間提案制度の可能性を検討する。人口3・7万人の精華町は財務書類を毎日作成する「日々仕訳」を行い、タイムリーなセグメント分析を実施。分析結果は年度決算を待たずに次年度の予算編成に生かせる。同町も予算特別枠の創設を検討するとしている。同省は、モデル事業の成果を全国に広げるため、地方公会計マニュアルに反映させることも検討している。

総務省/固定資産台帳活用の施設統廃合モデル自治体選定/16年度予算に特別枠

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  7. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

アクセスランキングをもっと見る

page top