日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ 画像 日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ

海外進出

 産学連携により、日本酒を輸出する流通過程でトレーサビリティシステムを構築する実証実験が始まった。生産段階での情報、流通経路、温度管理の情報を視覚化し、消費者、流通業者、生産者のすべてが簡易かつ適切に管理できることを目指す。

 同実験に参画するのは、流通システム開発センター、日本アイ・ビー・エム、凸版印刷、慶應義塾大学SFC研究所、大和コンピューター。「天狗舞」を手がける車多酒造(石川県白山市)と「満寿泉」の桝田酒造店(富山県富山市)の日本酒をタイのバンコクへ輸出する実験となるが、出荷時に日本酒のキャップに新開発のRFIDタグを取り付け、温度データや位置情報データなどのトレーサビリティ情報を各流通拠点で収集し、パソコンやスマホなどから閲覧できるようにする。

 RFIDタグには、仮に破損した場合にも破損記録を保持できる機能を備えており、破損はもちろん不正な開栓も把握することが可能。安全性を確保できるほか、非正規品や偽造品の流通防止にも効果が期待される。また、バンコク現地の消費者と生産者をソーシャルネットワークでつなぎ、生産者と消費者の情報交換によって、日本酒の販路拡大も図る。

 今回の実験は10日まで実施されるが、これを通じて非正規品や偽造品を市場から排除しつつ、確かな品質を保ちながら輸出できる仕組みを構築できれば、日本酒に対する海外での評価・信頼を高められることが可能。日本酒の海外への売り込みに大きな追い風となる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  5. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  6. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  7. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  8. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  9. 中国爆買い効果か?――外国人消費動向調査で5期連続過去最高値更新

  10. 日本発、「ピコ太郎」がアジアを席捲!

アクセスランキングをもっと見る

page top