日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ 画像 日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ

海外進出

 産学連携により、日本酒を輸出する流通過程でトレーサビリティシステムを構築する実証実験が始まった。生産段階での情報、流通経路、温度管理の情報を視覚化し、消費者、流通業者、生産者のすべてが簡易かつ適切に管理できることを目指す。

 同実験に参画するのは、流通システム開発センター、日本アイ・ビー・エム、凸版印刷、慶應義塾大学SFC研究所、大和コンピューター。「天狗舞」を手がける車多酒造(石川県白山市)と「満寿泉」の桝田酒造店(富山県富山市)の日本酒をタイのバンコクへ輸出する実験となるが、出荷時に日本酒のキャップに新開発のRFIDタグを取り付け、温度データや位置情報データなどのトレーサビリティ情報を各流通拠点で収集し、パソコンやスマホなどから閲覧できるようにする。

 RFIDタグには、仮に破損した場合にも破損記録を保持できる機能を備えており、破損はもちろん不正な開栓も把握することが可能。安全性を確保できるほか、非正規品や偽造品の流通防止にも効果が期待される。また、バンコク現地の消費者と生産者をソーシャルネットワークでつなぎ、生産者と消費者の情報交換によって、日本酒の販路拡大も図る。

 今回の実験は10日まで実施されるが、これを通じて非正規品や偽造品を市場から排除しつつ、確かな品質を保ちながら輸出できる仕組みを構築できれば、日本酒に対する海外での評価・信頼を高められることが可能。日本酒の海外への売り込みに大きな追い風となる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

    ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  7. 豊田通商が東南アジアのライドシェア大手、グラブに資本参加

  8. シンガポールで14.8万平米の大型病院建設、五洋建設が受注

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  10. ブックオフがマレーシアの中古品2号店を出店、計画を上回る売り上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top