小・中学校の耐震化率は96%に 画像 小・中学校の耐震化率は96%に

インバウンド・地域活性

 文部科学省が今年4月1日現在で調べた公立学校施設の耐震改修状況について発表した。小・中学校内の建物で一定以上の耐震性能を備えている割合は95.6%で前年度と比べると3.1ポイントの増加。全国の3分の2の地方公共団体で耐震化を完了した。

 一方で、耐震化工事費用の国庫補助率かさ上げが今年度いっぱいとなっているにもかかわらず一部には、今年度中には終了しない見込みの地方公共団体があることから、下村博文文科相は発表に当たり、今後、議員立法に向けた議論が出てくることに期待したい旨を述べた。

 政府は今年度内に耐震改修を終わらせる計画を立てていた。東日本大震災の後、工事の際の人件費は資材の価格上昇が加速し、施工業者が地方公共団体の入札に応じない事態が相次いだ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  2. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  3. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

    藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  9. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top