小・中学校の耐震化率は96%に 画像 小・中学校の耐震化率は96%に

インバウンド・地域活性

 文部科学省が今年4月1日現在で調べた公立学校施設の耐震改修状況について発表した。小・中学校内の建物で一定以上の耐震性能を備えている割合は95.6%で前年度と比べると3.1ポイントの増加。全国の3分の2の地方公共団体で耐震化を完了した。

 一方で、耐震化工事費用の国庫補助率かさ上げが今年度いっぱいとなっているにもかかわらず一部には、今年度中には終了しない見込みの地方公共団体があることから、下村博文文科相は発表に当たり、今後、議員立法に向けた議論が出てくることに期待したい旨を述べた。

 政府は今年度内に耐震改修を終わらせる計画を立てていた。東日本大震災の後、工事の際の人件費は資材の価格上昇が加速し、施工業者が地方公共団体の入札に応じない事態が相次いだ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/国家戦略住宅整備事業として全国初

  8. 大手建設コンサル3社が相次ぎ本社移転……事業拡大に対応、環境改善で人材確保も

  9. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  10. 白金一丁目西部中地区再開発、総延べ10万平米規模に/総事業費700億円

アクセスランキングをもっと見る

page top