小・中学校の耐震化率は96%に 画像 小・中学校の耐震化率は96%に

インバウンド・地域活性

 文部科学省が今年4月1日現在で調べた公立学校施設の耐震改修状況について発表した。小・中学校内の建物で一定以上の耐震性能を備えている割合は95.6%で前年度と比べると3.1ポイントの増加。全国の3分の2の地方公共団体で耐震化を完了した。

 一方で、耐震化工事費用の国庫補助率かさ上げが今年度いっぱいとなっているにもかかわらず一部には、今年度中には終了しない見込みの地方公共団体があることから、下村博文文科相は発表に当たり、今後、議員立法に向けた議論が出てくることに期待したい旨を述べた。

 政府は今年度内に耐震改修を終わらせる計画を立てていた。東日本大震災の後、工事の際の人件費は資材の価格上昇が加速し、施工業者が地方公共団体の入札に応じない事態が相次いだ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

    三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

  2. 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

    3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

  3. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

    日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  4. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  9. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  10. 奈良県のコンベンション施設事業、ホテルとNHK新放送会館も

アクセスランキングをもっと見る

page top