小・中学校の耐震化率は96%に 画像 小・中学校の耐震化率は96%に

インバウンド・地域活性

 文部科学省が今年4月1日現在で調べた公立学校施設の耐震改修状況について発表した。小・中学校内の建物で一定以上の耐震性能を備えている割合は95.6%で前年度と比べると3.1ポイントの増加。全国の3分の2の地方公共団体で耐震化を完了した。

 一方で、耐震化工事費用の国庫補助率かさ上げが今年度いっぱいとなっているにもかかわらず一部には、今年度中には終了しない見込みの地方公共団体があることから、下村博文文科相は発表に当たり、今後、議員立法に向けた議論が出てくることに期待したい旨を述べた。

 政府は今年度内に耐震改修を終わらせる計画を立てていた。東日本大震災の後、工事の際の人件費は資材の価格上昇が加速し、施工業者が地方公共団体の入札に応じない事態が相次いだ。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

    日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  8. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  9. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  10. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

アクセスランキングをもっと見る

page top