2019年には新車の80%が乗用車テレマティクス機器を搭載――矢野経済研究所 画像 2019年には新車の80%が乗用車テレマティクス機器を搭載――矢野経済研究所

IT業務効率

矢野経済研究所は、日本、米国、西欧主要5か国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン)、中国の乗用車向けテレマティクス市場の調査を実施し、その結果をまとめた。

調査は、2014年11月から今年5月にかけて国内外の乗用車向けコネクテッドカー/テレマティクス端末ベンダー、サービスプロバイダーなどを同社専門研究員が直接面談や、電話・e-mailなどでヒアリング調査した。

調査結果によると乗用車向けテレマティクスは、エンターテインメント・利便系テレマティクスサービス、走行系テレマティクスサービス、自動車新ビジネス系テレマティクスサービスの3分野で進展していくと予想。

エンターテインメント・利便系テレマティクスサービスはこれまで、自動車メーカーと関連メーカーが提供してきたが、今後はスマートフォン大手OSベンダー2社をはじめとするIT・スマートフォン業界の事業者が中心になると予想する。

走行系テレマティクスサービスは、自動車メーカーと関連メーカーが主導する見込みだが、電気自動車(EV)などでは一部、IT・スマートフォン業界の事業者も参入することが想定される。

自動車新ビジネス系テレマティクスサービスでは、自動車メーカーや、IT・スマートフォン業界の事業者だけでなく、これら以外のサービス事業者の参入も見込まれる。

日本、米国、西欧主要5カ国、中国における乗用車向けテレマティクスサービス用端末であるカーナビ、PND、DA、バックミラーモニターの搭載台数の合計は、2019年に5080万9000台を予測する。これは日本、米国、西欧主要5カ国、中国の乗用車新車販売台数の約8割に搭載される見通し。

乗用車テレマティクス市場、2019年には新車の8割に搭載…矢野経済研究所

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験

    ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験

  2. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

    熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  4. 西松建設がインフラ監視クラウドシステム開発、省電力LPWAとIoT活用

  5. RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

  6. 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

  7. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  8. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  9. 国内倉庫への納品で海外販売OK…米大手サイトでの販売支援開始

  10. 3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top