2019年には新車の80%が乗用車テレマティクス機器を搭載――矢野経済研究所 画像 2019年には新車の80%が乗用車テレマティクス機器を搭載――矢野経済研究所

IT業務効率

矢野経済研究所は、日本、米国、西欧主要5か国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン)、中国の乗用車向けテレマティクス市場の調査を実施し、その結果をまとめた。

調査は、2014年11月から今年5月にかけて国内外の乗用車向けコネクテッドカー/テレマティクス端末ベンダー、サービスプロバイダーなどを同社専門研究員が直接面談や、電話・e-mailなどでヒアリング調査した。

調査結果によると乗用車向けテレマティクスは、エンターテインメント・利便系テレマティクスサービス、走行系テレマティクスサービス、自動車新ビジネス系テレマティクスサービスの3分野で進展していくと予想。

エンターテインメント・利便系テレマティクスサービスはこれまで、自動車メーカーと関連メーカーが提供してきたが、今後はスマートフォン大手OSベンダー2社をはじめとするIT・スマートフォン業界の事業者が中心になると予想する。

走行系テレマティクスサービスは、自動車メーカーと関連メーカーが主導する見込みだが、電気自動車(EV)などでは一部、IT・スマートフォン業界の事業者も参入することが想定される。

自動車新ビジネス系テレマティクスサービスでは、自動車メーカーや、IT・スマートフォン業界の事業者だけでなく、これら以外のサービス事業者の参入も見込まれる。

日本、米国、西欧主要5カ国、中国における乗用車向けテレマティクスサービス用端末であるカーナビ、PND、DA、バックミラーモニターの搭載台数の合計は、2019年に5080万9000台を予測する。これは日本、米国、西欧主要5カ国、中国の乗用車新車販売台数の約8割に搭載される見通し。

乗用車テレマティクス市場、2019年には新車の8割に搭載…矢野経済研究所

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  4. ”家飲みカフェラテ”じわり増加。サントリーさらに新商品で攻める

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  7. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 大成建設と豊橋技科大、バッテリーレスEVの屋外走行に成功。道路からワイヤレス給電

  10. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

アクセスランキングをもっと見る

page top