ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など 画像 ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など

インバウンド・地域活性

 「持続可能な開発のための教育」(ESD)を充実させようと、日本政府の財政支援で創設された「ユネスコ/日本ESD賞」の国内候補が東京都江東区立八名川小学校など3団体に決まった。今後、有識者による審査を経て9月までにユネスコ事務局長が受賞団体を決定する。受賞すると奨励金として5万ドルが贈られる。

 八名川小学校は各教科にまたがった学習関連図を作成し、全校体制で教科横断的な学習を進めている。問題解決的、探究的な学習過程を重視しているという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

    東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  4. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  8. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

アクセスランキングをもっと見る

page top