ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など 画像 ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など

インバウンド・地域活性

 「持続可能な開発のための教育」(ESD)を充実させようと、日本政府の財政支援で創設された「ユネスコ/日本ESD賞」の国内候補が東京都江東区立八名川小学校など3団体に決まった。今後、有識者による審査を経て9月までにユネスコ事務局長が受賞団体を決定する。受賞すると奨励金として5万ドルが贈られる。

 八名川小学校は各教科にまたがった学習関連図を作成し、全校体制で教科横断的な学習を進めている。問題解決的、探究的な学習過程を重視しているという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/国家戦略住宅整備事業として全国初

  8. 大手建設コンサル3社が相次ぎ本社移転……事業拡大に対応、環境改善で人材確保も

  9. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  10. 白金一丁目西部中地区再開発、総延べ10万平米規模に/総事業費700億円

アクセスランキングをもっと見る

page top