ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など 画像 ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など

インバウンド・地域活性

 「持続可能な開発のための教育」(ESD)を充実させようと、日本政府の財政支援で創設された「ユネスコ/日本ESD賞」の国内候補が東京都江東区立八名川小学校など3団体に決まった。今後、有識者による審査を経て9月までにユネスコ事務局長が受賞団体を決定する。受賞すると奨励金として5万ドルが贈られる。

 八名川小学校は各教科にまたがった学習関連図を作成し、全校体制で教科横断的な学習を進めている。問題解決的、探究的な学習過程を重視しているという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. インバウンド消費、化粧品各社が“爆買い”一辺倒から軌道修正!?

    インバウンド消費、化粧品各社が“爆買い”一辺倒から軌道修正!?

  4. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  5. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  6. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  8. 世界初の陶芸技法でマーブル模様のカップが誕生、販売店も募集

  9. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  10. 鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top