ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など 画像 ユネスコの「ESD賞」、国内候補に江東区立八名川小など

インバウンド・地域活性

 「持続可能な開発のための教育」(ESD)を充実させようと、日本政府の財政支援で創設された「ユネスコ/日本ESD賞」の国内候補が東京都江東区立八名川小学校など3団体に決まった。今後、有識者による審査を経て9月までにユネスコ事務局長が受賞団体を決定する。受賞すると奨励金として5万ドルが贈られる。

 八名川小学校は各教科にまたがった学習関連図を作成し、全校体制で教科横断的な学習を進めている。問題解決的、探究的な学習過程を重視しているという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

    中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  7. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top