年額約5万円のマイナンバー対策――NTTデータ「達人」シリーズに新ラインナップ 画像 年額約5万円のマイナンバー対策――NTTデータ「達人」シリーズに新ラインナップ

IT業務効率

 NTTデータは6日、マイナンバー制度への対応ソリューション「データ管理の達人」を発表した。中小企業や会計事務所向けに、同社の税務申告書作成ソフト「達人シリーズ」の新ラインナップとして、11月下旬より販売を開始する。

 2016年1月から開始されるマイナンバー制度では、税の申告・申請を行う際に、新たにマイナンバーや法人番号の記載が求められる。「データ管理の達人」は、マイナンバーを含め、税務業務に必要なマスターデータ(基本情報)を一元的に登録・編集するためのソリューションだ。

 マスターデータの管理・収集機能のほか、達人シリーズや他社ソフトウェアとのデータ連携、データセキュリティの統合管理といった機能が用意されている。各「達人シリーズ」で作成した業務データは統合的に管理でき、複製・外部へのエクスポート・インポート等を行うことができる。利用料金は年額利用料49,800円(税抜)。

 またNTTデータは今後、既存の「達人シリーズ」の暗号化強化、アクセス制御等注のマイナンバーに対応した機能強化、電子申告の新ラインナップ商品の追加、パソコン環境での情報拡散を監視するサービスの提供などを行う計画だ。

NTTデータ、年額約5万円のマイナンバー対応「データ管理の達人」発売

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【卸・問屋の新戦略:3】ネット問屋は効率化の必然である

    【卸・問屋の新戦略:3】ネット問屋は効率化の必然である

  2. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

    【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  3. VRによるショッピングの未来、VRコマース

    VRによるショッピングの未来、VRコマース

  4. AIやIoT活用の第一歩、受付はPepper!

  5. ドローン空撮で災害発生時の情報収集!

  6. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  7. Appleの教育アプリ「Swift Playgrounds」、ロボットやドローンにも対応

  8. 今年こそ都会の仕事を農村で! ICT活用、移住者、移住企業続々

  9. 羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に!

  10. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

アクセスランキングをもっと見る

page top