3Dプリントでカスタマイズ!1人乗りEV「TOYOTA i-ROAD」の実用化にカブクが協力 画像 3Dプリントでカスタマイズ!1人乗りEV「TOYOTA i-ROAD」の実用化にカブクが協力

インバウンド・地域活性

 3Dプリントサービス「Rinkak(リンカク)」を展開するカブクは、トヨタ自動車が実用化を目指している1人乗りEV事業「TOYOTA i-ROAD」において、3Dプリンタを使いボディパーツやインテリアの一部をカスタマイズできるサービスを開始した。

 トヨタ自動車では現在、電動で3輪式の1人乗りEV「TOYOTA i-ROAD」を開発中。本格的な実用化に向けて、4日から約1年間、一般消費者や有識者などに試乗車を貸与する「OPEN ROAD PROJECT」を開始している。この中でカブクが提供するのは、「TOYOTA i-ROAD」に試乗するユーザー向けのオンラインサービス。専用サイト上でボディパーツやインテリアの一部について、表面のテクスチャーやカラーリング、フィニッシュをカスタマイズできる。

 3Dプリンターを使い、ユーザーからのオーダーを受けて製造するため、カスタマイズ商品は在庫レス。金型コストも不要なオンデマンドのデジタル製造・販売システムで、商品開発工程におけるコストと時間を削減できる。

 「TOYOTA i-ROAD」は、バイクのような使い勝手の良さとクルマの快適性・安全性を兼ね備えた、都市型の次世代パーソナルモビリティをコンセプトとしている。新たな移動ツールとして注目されるのはもちろん、カブクによるカスタマイズサービスにより、3Dプリントが自動車業界において、試作品の開発だけではなく完成品としても今後、活用の場の広げていくことが期待される。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top