高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発 画像 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

インバウンド・地域活性

 道路構造物を劣化させる主要因に挙げられる重量超過車両。こうした車両の通行抑制に、日本高速道路保有・債務返済機構と高速道路各社などが本腰を入れ始めた。過積載など道路法に基づく車両制限令に違反する車両への指導・取り締まりを今春から強化。国の実施方針に基づき、6月に入って関東と関西で悪質な重量超過車両の運転手と雇用者を警察に初めて告発した。多くの重車両が行き交う工事現場を管理する建設会社にとっても、協力会社を含めたコンプライアンス(法令順守)の徹底が求められている。

 全国の道路と鉄道を合わせた陸上交通網の総延長に対する高速道路の割合は1%程度(開通延長約7920キロ、12年度時点)に過ぎないが、全陸上貨物輸送量に対する高速道路の分担率は50%近くに上る。ここ数年で高速道路の開通延長は9000キロに達し、その利便性と重要性は一段と高まっている。

 高度経済成長期の1970年以降、高速道路ではネットワークの拡充に伴って大型車の走行台数が急増。93年の車両制限令の規制が緩和されてからは、車両の総重量の増大傾向が強まり、高速道路の使用環境は厳しさを増している。

 道路を保全し、交通の危険を防止するため、通行車両は車両制限令によって幅、重量、高さ、長さなどの最高限度が規定されている。高速道路機構では、最高限度を超える特殊車両の通行許可を行う一方、高速道路各社と連携し、違反車両の取り締まりを実施。違反を確認した場合に高速道路からの退出を命じる措置命令(行政処分)の件数は年間5000件を超えるという。

 違反の多くは過積載による重量超過車両だ。4月からは悪質違反者への対応基準を明確化し、積み荷の軽減措置や、許可を取得するまでの間の通行中止を命じる措置を講じる。

 重大な違反行為に対しては違反車両の運行会社などに警告書で指導。さらに繰り返し違反行為を行った場合には管轄の高速道路会社で対面による是正指導を行う。それでも改善が不十分とされる企業については社名を同機構のホームページで公表し、関係機関と調整した上で告発する。

日刊建設工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 芝浦一丁目建替計画。235メートルの超高層ビル2棟、ホテルも入る複合施設

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  10. 日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/水辺を生かした施設配置も想定

アクセスランキングをもっと見る

page top