職務発明、企業に権利・発明者に対価を内規設定可能に……特許法改正案成立で 画像 職務発明、企業に権利・発明者に対価を内規設定可能に……特許法改正案成立で

マネジメント

 「特許法等の一部を改正する法律案」が参議院を通過し、成立した。改正法では職務発明制度の見直しが盛り込まれ、企業内規などにより従業員の発明の権利をあらかじめ企業に帰属するよう規定できるようになる。

 職務発明とその権利については、青色LEDの研究で昨年ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏と日亜化学工業の間で知的財産権を巡る訴訟が起こるなど、国内でも係争に発展するケースがあった。今回の改正では、勤務規則や契約で定めることで、特許の権利帰属先をあらかじめ企業側に設定することができる。権利帰属についてルールを設けることで、職務発明の権利関係を安定させる狙いだ。

 一方で業務として研究にあたった従業員は、研究成果が特許取得することになった場合には、金銭などによる対価を得る権利が明示された。企業の社内規則によるものの、権利は企業、開発者には対価というルールが設定された形だ。

 また、今回の改正では特許料などの改定も行われる。特許権登録後の各年の特許料を10%程度引き下げるほか、商標登録料を25%、更新登録料を20%程度それぞれ引き下げる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  4. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  5. 「『チーズのこえ』伝えたい」…北海道の酪農家らが出資する都内のチーズ専門店

  6. 自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

  7. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  8. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  9. 本日の新聞から:トヨタ、下請け各社に値下げ要請再開!

  10. 積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う

アクセスランキングをもっと見る

page top