過半数の保護者、「作文指導の時間が不十分 画像 過半数の保護者、「作文指導の時間が不十分

ライフ

 通信添削事業を運営している小学館集英社プロダクションが小学生の保護者を対象に行った調査で、作文嫌いの子どもは半数近くに達することが分かった。「お子さんは作文を書くことが好きか」との問いで、「好き・得意」は21%、「嫌い・苦手」は47%、「どちらでもない」は32%だった。

 学校での作文指導に関する満足度を問う設問では、「指導時間が不十分に感じる」と「やや不十分に感じる」の合計が64%。不満に感じている保護者が6割を超えた。

 この調査は、同社の通信添削事業を利用している家庭と、この事業に関する資料請求をした家庭の保護者が対象。インターネットを通し昨年11月に行った。822人が回答した。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【話題】下絵の上から塗れる「透明くれよん」

    【話題】下絵の上から塗れる「透明くれよん」

  2. 著作権法を解説

    著作権法を解説

  3. 本日も熱中症に注意……京都37度、東京・大阪は35度

    本日も熱中症に注意……京都37度、東京・大阪は35度

  4. 寒締め栽培ホウレンソウに「老化予防効果」…農研機構が発見

  5. 大正琴の魅力を堪能…コンクールに325名が参加

  6. 三菱グループの支援事業「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」

アクセスランキングをもっと見る

page top