純白ボディに「ペダル変速」で楽々運転、ヤンマーの新型乗用田植機 画像 純白ボディに「ペダル変速」で楽々運転、ヤンマーの新型乗用田植機

IT業務効率

ヤンマーは、誰にでも使いやすい「EASY」コンセプトを追求した乗用田植機「YR-Jシリーズ」を発売した。

YR-Jシリーズは、従来機種の基本性能の良さはそのまま継承。ペダルの踏み具合のみで発進・加減速・停止ができる「ペダル変速 e-move」や、1台で苗の疎植から密植まで対応できる植付け機能「ジャストアーム」、枕地の旋回作業を省力化する「すこやかロータ」、残肥の排出をサポートする「高速排出ホッパー」などを搭載する。

新製品は、その基本性能の良さに、使いやすさにこだわった機能を装備。「ペダル変速 e-move」に「速度設定機能」を追加、ペダルを踏み込んだ際の最高速度を設定することで、低速・中速での作業を簡単にできるようにした。また、燃料ゲージやアワメータの追加、個別キーの採用などサービス・管理面でも使いやすさを追求した。

商品デザインは世界的工業デザイナー奥山清行氏が担当。昨秋発表の「YTトラクター」「YHコンバイン」と同様に、ヤンマーのコーポレートカラーである赤色をより際立たせる新色「プレミアムレッド」と純白の「プレミアムホワイト」を使用した「プレミアムデザイン」を採用した。

価格は128万5200円から249万4800円。

ヤンマー、赤と白が映える新型乗用田植機を発売…KEN OKUYAMAデザイン

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

    サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

  2. ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

    ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

  3. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

    建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  4. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  5. 高速バスでの移動中に告白された!? VRコンテンツをWILLERとKDDIが提供

  6. 大林組がVR活用の施工管理者向け教育システムを導入。手軽に体験型研修、全国で展開

  7. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  8. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  9. 北九州市でi-Con推進協が発足/中小企業の工事への導入が課題

  10. 農産物輸出、6次化、飼料用米…農水省が先進例発信

アクセスランキングをもっと見る

page top