リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す 画像 リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

マネジメント

 遺品整理サービスを行うリリーフがフランチャイズ展開を開始した。その第1号店は千葉県の千葉ベイサイド店で、1日より営業を開始している。

 遺品整理とは、故人の生活用品や家電などの整理、および片付けを行うサービス。高齢者の独居世帯増加を背景に需要が高まっており、リリーフへの問い合わせも2014年は1873件と、3年で約6倍まで増えている。

 新しい市場であるため、さまざまな事業者が参入している遺品整理。リリーフはフランチャイズ店舗にも研修を実施するなどの取り組みで、サービス品質の均一化を狙う。

 フランチャイズ加盟店は全国で募集を行っており、7月には愛知・三重・岐阜県を対象とした説明会を実施予定。3年で全国30店舗のフランチャイズを目指す。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

    前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  2. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  3. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  4. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  5. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  6. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  7. 国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

  8. “即戦力”外国人建設就労者、3月末までに600人超受け入れに

  9. 東建、廃材の再生利用拡大を都議会自民に申し入れ

  10. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

アクセスランキングをもっと見る

page top