リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す 画像 リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

マネジメント

 遺品整理サービスを行うリリーフがフランチャイズ展開を開始した。その第1号店は千葉県の千葉ベイサイド店で、1日より営業を開始している。

 遺品整理とは、故人の生活用品や家電などの整理、および片付けを行うサービス。高齢者の独居世帯増加を背景に需要が高まっており、リリーフへの問い合わせも2014年は1873件と、3年で約6倍まで増えている。

 新しい市場であるため、さまざまな事業者が参入している遺品整理。リリーフはフランチャイズ店舗にも研修を実施するなどの取り組みで、サービス品質の均一化を狙う。

 フランチャイズ加盟店は全国で募集を行っており、7月には愛知・三重・岐阜県を対象とした説明会を実施予定。3年で全国30店舗のフランチャイズを目指す。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

    事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  2. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

    建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

  3. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

    東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  4. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

  5. 全建ブロック会議を振り返る・上/「危機管理産業」どう維持

  6. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

  7. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  8. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  9. NEDO、水素の海上輸送、有機ケミカルハドライド法など4つの実証実験を発表

  10. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

アクセスランキングをもっと見る

page top