リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す 画像 リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

マネジメント

 遺品整理サービスを行うリリーフがフランチャイズ展開を開始した。その第1号店は千葉県の千葉ベイサイド店で、1日より営業を開始している。

 遺品整理とは、故人の生活用品や家電などの整理、および片付けを行うサービス。高齢者の独居世帯増加を背景に需要が高まっており、リリーフへの問い合わせも2014年は1873件と、3年で約6倍まで増えている。

 新しい市場であるため、さまざまな事業者が参入している遺品整理。リリーフはフランチャイズ店舗にも研修を実施するなどの取り組みで、サービス品質の均一化を狙う。

 フランチャイズ加盟店は全国で募集を行っており、7月には愛知・三重・岐阜県を対象とした説明会を実施予定。3年で全国30店舗のフランチャイズを目指す。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  2. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

    上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

  3. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

    前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  4. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  5. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  6. 【訃報】北野次登氏・北野建設最高顧問、24日に告別式

  7. 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

  8. 農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

アクセスランキングをもっと見る

page top