リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す 画像 リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

マネジメント

 遺品整理サービスを行うリリーフがフランチャイズ展開を開始した。その第1号店は千葉県の千葉ベイサイド店で、1日より営業を開始している。

 遺品整理とは、故人の生活用品や家電などの整理、および片付けを行うサービス。高齢者の独居世帯増加を背景に需要が高まっており、リリーフへの問い合わせも2014年は1873件と、3年で約6倍まで増えている。

 新しい市場であるため、さまざまな事業者が参入している遺品整理。リリーフはフランチャイズ店舗にも研修を実施するなどの取り組みで、サービス品質の均一化を狙う。

 フランチャイズ加盟店は全国で募集を行っており、7月には愛知・三重・岐阜県を対象とした説明会を実施予定。3年で全国30店舗のフランチャイズを目指す。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

    設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  3. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

    会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  4. コベルコ建機社長に神戸製鋼所代表取締役副社長・楢木一秀氏

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

  6. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  7. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  8. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  9. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  10. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

アクセスランキングをもっと見る

page top