リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す 画像 リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

マネジメント

 遺品整理サービスを行うリリーフがフランチャイズ展開を開始した。その第1号店は千葉県の千葉ベイサイド店で、1日より営業を開始している。

 遺品整理とは、故人の生活用品や家電などの整理、および片付けを行うサービス。高齢者の独居世帯増加を背景に需要が高まっており、リリーフへの問い合わせも2014年は1873件と、3年で約6倍まで増えている。

 新しい市場であるため、さまざまな事業者が参入している遺品整理。リリーフはフランチャイズ店舗にも研修を実施するなどの取り組みで、サービス品質の均一化を狙う。

 フランチャイズ加盟店は全国で募集を行っており、7月には愛知・三重・岐阜県を対象とした説明会を実施予定。3年で全国30店舗のフランチャイズを目指す。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

    宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

  3. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  6. 特装車事業好調で増収増益……極東開発工業、第1四半期決算

  7. 横浜市、2月オープンの南区新総合庁舎で親子探検ツアーを開催

  8. 生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

  9. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  10. ミサワホーム、大規模宅地の液状化対策で飛島建設とコラボ

アクセスランキングをもっと見る

page top