やまがた技能五輪に向け東北合同で練習会-4県150人が参加 画像 やまがた技能五輪に向け東北合同で練習会-4県150人が参加

インバウンド・地域活性

 山形県など官民で組織する「やまがた技能五輪・アビリンピック2016推進協議会」(吉村美栄子会長=山形県知事)は、山形県立産業技術短期大学校で、旋盤・フライス盤の技能向上に向けた東北合同練習会を開いた。

 トヨタ自動車から技能五輪全国大会のメダリストおよび指導者の6人を招いた。メダリストの技を間近で確かめようと、山形はじめ宮城、秋田、福島の4県から演習参加者のほか、見学者を含め約150人が参加した。

 今回の東北合同練習会は、トヨタの選手による旋盤・フライス盤の実演と指導者からの解説を実施。続いて、各県からの参加者による演習と講師からの指導が行われた。実際に演習に参加したのは旋盤が12人、フライス盤が5人。山形県からは見学者を含め計85人が参加した。

 16年10月に山形県で開催される「やまがた技能五輪・アビリンピック2016」は、東北各県の協力を得て実施する大会。14年度は建築大工など2職種の合同練習会を開いた。山形大会は東北のモノづくり力を結集して、東日本大震災からの復興を全国に発信する大会を目指している。(山形)
日刊工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. ついにゴールへ…50キロのトレイルラン、記者が体験(7)

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top