やまがた技能五輪に向け東北合同で練習会-4県150人が参加 画像 やまがた技能五輪に向け東北合同で練習会-4県150人が参加

インバウンド・地域活性

 山形県など官民で組織する「やまがた技能五輪・アビリンピック2016推進協議会」(吉村美栄子会長=山形県知事)は、山形県立産業技術短期大学校で、旋盤・フライス盤の技能向上に向けた東北合同練習会を開いた。

 トヨタ自動車から技能五輪全国大会のメダリストおよび指導者の6人を招いた。メダリストの技を間近で確かめようと、山形はじめ宮城、秋田、福島の4県から演習参加者のほか、見学者を含め約150人が参加した。

 今回の東北合同練習会は、トヨタの選手による旋盤・フライス盤の実演と指導者からの解説を実施。続いて、各県からの参加者による演習と講師からの指導が行われた。実際に演習に参加したのは旋盤が12人、フライス盤が5人。山形県からは見学者を含め計85人が参加した。

 16年10月に山形県で開催される「やまがた技能五輪・アビリンピック2016」は、東北各県の協力を得て実施する大会。14年度は建築大工など2職種の合同練習会を開いた。山形大会は東北のモノづくり力を結集して、東日本大震災からの復興を全国に発信する大会を目指している。(山形)
日刊工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 【果物お土産ビジネス:3】果物店の「インバウンド需要のつかみ方」

  6. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  7. 【爆買いの次に来るもの:4】人気の“神薬”、“棚買い”される陳列を!

  8. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  9. 【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは?

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

アクセスランキングをもっと見る

page top