文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

    【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業

    【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 【社歌コン 応募社の横顔:5】朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  6. HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」

  7. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  8. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

  10. 東京海上、「日本で一番人が育つ会社」へのレッスン

アクセスランキングをもっと見る

page top