文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

    建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  2. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  3. 【凜】東芝エレベータBIM技術担当・加藤裕子さん/幼いころから図面に親しむ

    【凜】東芝エレベータBIM技術担当・加藤裕子さん/幼いころから図面に親しむ

  4. 建コン協ら3団体、担い手確保へ技術者単価引き上げを、国交副大臣に要望

  5. ゼネコン各社/週休2日、前倒しで対応/生産性向上が必須

  6. ~HANJO女子~橋梁工事は1ミリを大事にする仕事/三井住友建設 鶴見知香さん

  7. 「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編)

  8. 大阪府猟友会が全国初のハンター養成学校、熟練者がノウハウ伝授

  9. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  10. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

アクセスランキングをもっと見る

page top