文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

    事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  5. 「職人育成」がキーワード! 専門工事会社が広域連携で人材育成

  6. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  7. 【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

  8. 1級施工管理技術検定、学科試験合格者の女性比率が上昇

  9. 社保加入促進、3次下請が初の9割台。着実に加入進展

  10. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top