文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

    儲かっている会社=信頼関係のある会社

  2. 東京外環プロジェクト・女性技術者の会、魅力的な建設現場づくりへ!

    東京外環プロジェクト・女性技術者の会、魅力的な建設現場づくりへ!

  3. 建災防、メンタルヘルス対策の取り組み強化

    建災防、メンタルヘルス対策の取り組み強化

  4. 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

  5. 健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々

  6. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  7. 公共工事積み増しで、建設業界が人手不足懸念に異論反論!

  8. がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは?

  9. 【社歌コン応募社の横顔:7】“繋がる”は最強!-中小企業28人のリーダー

アクセスランキングをもっと見る

page top