文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

    ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  2. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

  5. けんせつ小町活躍現場見学会、建設業で働く女性の仕事や魅力を中学生に

  6. 大企業優秀人材を中小がUIJターンでお試し雇用、愛知県が助成

  7. 【今週のエンジニア女子】モデル経験のあるエンジニア……村田千紘さん

  8. ~HANJO女子~大切なのは「普段からのコミュニケーション」/コベルコ建機 堀内翼さん

  9. 日建連/時間外労働、19年4月から年960時間以内に/人材確保競争を勝ち抜くためにも

  10. 自民議連、地域経済を支える建設技能者の支援強化で決議採択

アクセスランキングをもっと見る

page top