文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

    ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  4. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  5. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  6. 【今週のエンジニア女子】Redshifterなデータサイエンティスト……荒金万琴さん

  7. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  8. 女子力活用のなでしこTOKYOが運送業・家事代行業で「なでしこ」商標登録

  9. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  10. 「農業女子プロジェクト」とのコラボ28社、ヒット続々!

アクセスランキングをもっと見る

page top