文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 産休・育休、男女別トイレ設置……女性活躍へむけ建設業界の意識変革進む

    産休・育休、男女別トイレ設置……女性活躍へむけ建設業界の意識変革進む

  3. 中小企業、人材確保へ「防衛的」な賃上げか

    中小企業、人材確保へ「防衛的」な賃上げか

  4. 静岡理工科大学、防災技術者育成の建築学科新設、17年4月設置へ

  5. 建設コンサルの長大、働き方改革めざしワーキンググループ設置

  6. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. ~HANJO女子~ 女性ならではの視点で建設業界のあり方を考えたい

  8. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(2)

  10. 熊谷組が仕事と育児両立テーマにセミナー、育児中社員と上司ら100人参加

アクセスランキングをもっと見る

page top