文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門 画像 文科省の留学促進事業、高校生は1.7倍の門

人材

 企業からの協賛金を元手に海外留学の費用を支給する文科省の制度で初めてとなる高校生の選抜結果がまとまった。514人が申請し、303人が合格した。倍率は1.70倍。合格した生徒のうち男性は85人、女性は218人で、女性の方が3倍近く多かった。倍率は男性が1.67倍、女性は1.
71倍。

 在籍している高校の国公私立別の内訳は国立が37人、公立が162人、私立が104人だった。倍率は国立が1.32倍、公立が1.69倍、私立は1.85倍。合格率は国立、公立、私立の順に高かった。

 この制度は昨年度から大学生を対象に始まった。今年度から高校生も対象とした。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  3. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  4. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  5. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  6. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  7. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  8. 「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

  9. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  10. 女性も働きやすい建設現場へ…男女別トイレのモデル工事

アクセスランキングをもっと見る

page top