ご当地炭酸の木村飲料が「うなぎコーラ」発売……社長ら反対も3年かけて開発 画像 ご当地炭酸の木村飲料が「うなぎコーラ」発売……社長ら反対も3年かけて開発

インバウンド・地域活性

 静岡県で飲料メーカーを営む木村飲料が、うなぎエキスを使った炭酸飲料「うなぎコーラ」を発売する。発売は7月21日で、同社通販サイトおよび東名高速道路サービスエリアなどで取り扱われる予定だ。

 木村飲料はこれまでに緑茶を使った「しずおかコーラ」や、富士山萬年水をベースにした「富士山サイダー」といったご当地にちなんだ飲料を開発。なかでもしずおかコーラは話題性なども相まって、年間60万本を出荷するヒット商品となった。

 今回発売されるうなぎコーラも、静岡らしさを生かした新ご当地コーラ。しずおかコーラ発売以降、新商品を積極的にリリースしてきたが、ユーザーからは「最近はインパクトが足りないのでは」という声も寄せられるようになっており、「飲料に楽しさを」という企業モットーを反映した商品開発に取り組む中で生まれた。

 中身には本物のうなぎから抽出したうなぎエキスを県内業者から調達し、配合している。開発当初は魚特有の生臭さが際立ってしまい、社長をはじめ、社内からの反対も大きかったが、発案者である営業部長らの粘り強い開発で徐々に味を調整。企画から3年かけて、うなぎの風味を残しつつ、飲みやすい味に調整し、発売にこぎつけた。

 土用の丑の日に向け、「うなぎを食べるのではなく、飲むという新しい楽しみ方を提案したい」という同社。「しずおかコーラに負けないヒット商品になって欲しい」と意気込みを語る。また、今後のご当地飲料開発にも意欲を見せており、企画段階のものとしてはサクラエビを使ったドリンクなども模索しているという。

 うなぎコーラは240ml入りで200円前後での販売を想定。通販サイトでは20本入りセットの販売で、価格は4000円。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  7. 超小型EVを離島のインフラ、新しい物流に……学生の提案

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top