38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表 画像 38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表

ライフ

 独自の学力検査を行う都道府県教委は増えていることが文科省の集計で分かった。

 本年度は47都道府県のうち38都府県が実施する。実施しない教委は、北海道、千葉、新潟、富山、静岡、愛知、兵庫、鳥取の各府県教委。群馬県教委も本年度は実施しないが数年に一度、実施するとしている。大阪府教委は中学校のみ実施する。結果公表の方法についても尋ねたところ、大分県教委は学校単位で公表するとした。

 出題方法に関しては、山形県教委が独自の「教科の枠を超えた」評価問題を小学校5年生と中学校2年生を対象に出すとした。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 子連れOKのシェアオフィス広がる

    子連れOKのシェアオフィス広がる

  2. 地方で進む“無縁化”!墓参り代行業にニーズ

    地方で進む“無縁化”!墓参り代行業にニーズ

  3. キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

    キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

  4. お盆の高速渋滞予想、ピークは下りが13日、上りが15日

  5. 素人の家庭料理を提供、「日替わり母ちゃん食堂」がスタート

  6. 自転車保有率ランキング:1位は京都―坂がない、最下位は沖縄―暑いから?

  7. 小学校英語で教員増強を、9都県市が文科大臣に要望

  8. 5月に最も売れた軽自動車のブランドは?――全国軽自動車協会連合会

アクセスランキングをもっと見る

page top