建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー 画像 建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

ライフ

 日本建築学会の子ども教育支援建築会議が東京都港区の建築会館ホールを会場に開いたシンポジウムで、「宮崎吾朗氏(スタジオジブリ)に聞く、子どもと住まい・まちの文化」と題する対談企画が行われた。アニメ映画『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』(スタジオジブリ制作)の監督として知られる宮崎氏。同支援会議運営委員長の古谷誠章早大教授、妹尾理子香川大教授の二人が進行役となり、宮崎氏に作品づくりのコンセプトや子どもの生活空間などについて語ってもらった。

 宮崎氏は1967年生まれ。信州大学農学部森林工学科を卒業後、造園コンサルタント会社で公園緑地や都市緑化の計画・設計に従事した経歴を持つ。98年からはスタジオジブリで「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)の総合デザインを担当し、その初代館長(2001~05年)も務めた。05年開催の愛知万博(愛・地球博)では、長久手会場(名古屋市)に建設された人気パビリオン「サツキとメイが住む家」の設計統括を手掛けている。

 対談で宮崎氏は、ジブリ作品で描かれている世界観のリアリティーについて、「(アニメ映画監督の)高畑勲と宮崎駿はアニメーションの世界に入ったころ、本来なら子どものためのアニメーションに劇映画の要素を持ち込みたいと考えた。そのためには世界観に説得力がなくてはならず、どういう家に住み、そこで何を食べてどう暮らし、そこで見える風景はどういうものか、しっかりさせておく必要があった」と説明。2作品に登場する建物や町並みなどを、写真や資料に基づいて書くことはせず、「(宮崎駿は)覚えているもので絵を描き、覚えていないところはたぶん想像で描く。そうすると、ありそうだけれど、ないものになる。それがオリジナリティーの基になっている」と作品づくりの裏側を明かした。

 加えて、「全体像からは決して入らず、部分から入る。断片の集積で組み立てていくことが、ある種の説得力を生むことになっているのだと思う」と語った。

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  2. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  3. 千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

    千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

  4. 日本最古の鉄製帆船「明治丸」、大林組が修復!

アクセスランキングをもっと見る

page top