視覚障害者の感覚から生まれた新しい会津漆器の碗「めぐる」、先行予約販売開始 画像 視覚障害者の感覚から生まれた新しい会津漆器の碗「めぐる」、先行予約販売開始

インバウンド・地域活性

 会津で伝統工芸コーディネーターを手掛ける明天は、ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンと協同で新たな会津漆器ブランド「めぐる」を発表。先行予約販売を開始した。

 めぐるは「究極の手触り」や「手から離したくなくなる優しいかたち」を目指した漆器ブランド。開発には暗闇でのエンターテインメントを提供するダイアログ・イン・ザ・ダークで活動する視覚障害者(アテンド)が協力している。会津漆器職人と視覚障害者が約1年にわたって対話を繰り返し、アテンドの触覚から形状などを作り込んでいった。器作りは会津漆器の職人がすべて手作業で行っている。

 ラインナップは鋭角的なデザインの「水平」と、曲線的なフォルムの「日月」の2種類。日月は花塗りと木目の見える拭き漆の2パターンが用意されている。大・中・小の3サイズの椀があり、飯椀、汁椀、菜盛り椀として使える。

 価格は拭き漆の日月が7560円から、そのほかが9720円から。先行予約販売はそれぞれ50個限定で、約4か月かけて器を仕上げていく。先行予約分に関しては、製作工程が随時メールで通知され、出来上がっていくまでの様子を見ながら待つことができる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. 岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top