ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂 画像 ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

マネジメント

国土交通省は7月1日、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化するため、道路運送車両の保安基準等を改正し、公布、施行した。

車両総重量が3.5トンを超えるディーゼル重量車は、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)の規制値を現行の平均値0.7g/kWhから0.4g/kWhへ、約4割低い水準に引き下げる規制強化を行う。

新型車の適用開始は車両総重量7.5トン超(けん引自動車除く)が2016年10月1日、同けん引自動車が2017年10月1日、車両総重量3.5トン超7.5トン以下が2018年10月1日。継続生産車および輸入車は車両総重量7.5トン超(けん引自動車除く)が2017年9月1日、同けん引自動車が2018年9月1日、車両総重量3.5トン超7.5トン以下が2019年9月1日。

二輪車(原付除く)は、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)について、これまでの規制値と比較して最大約6割低い水準に引き下げる規制強化を行う。そのほか、新たに駐車時等の燃料蒸発ガスに対する規制及び車載式故障診断装置の装備の義務付けを行う。

適用開始は新型車が2016年10月1日、継続生産車および輸入車が2017年9月1日。

国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. 日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円

    日建協加盟組合22年ぶりに7割以上ベースアップ獲得、昇給平均3.9%増の1万5325円

  4. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  5. 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

  6. 中小ものづくりを後押し、東商が産学公連携の橋渡しで実績

  7. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  8. 日本工営福島事業所が生産強化

  9. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

アクセスランキングをもっと見る

page top