ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂 画像 ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

マネジメント

国土交通省は7月1日、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化するため、道路運送車両の保安基準等を改正し、公布、施行した。

車両総重量が3.5トンを超えるディーゼル重量車は、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)の規制値を現行の平均値0.7g/kWhから0.4g/kWhへ、約4割低い水準に引き下げる規制強化を行う。

新型車の適用開始は車両総重量7.5トン超(けん引自動車除く)が2016年10月1日、同けん引自動車が2017年10月1日、車両総重量3.5トン超7.5トン以下が2018年10月1日。継続生産車および輸入車は車両総重量7.5トン超(けん引自動車除く)が2017年9月1日、同けん引自動車が2018年9月1日、車両総重量3.5トン超7.5トン以下が2019年9月1日。

二輪車(原付除く)は、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)について、これまでの規制値と比較して最大約6割低い水準に引き下げる規制強化を行う。そのほか、新たに駐車時等の燃料蒸発ガスに対する規制及び車載式故障診断装置の装備の義務付けを行う。

適用開始は新型車が2016年10月1日、継続生産車および輸入車が2017年9月1日。

国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. 中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商

    中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商

  3. E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

    E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

  4. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  5. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  6. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

  7. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  8. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

アクセスランキングをもっと見る

page top