滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業 画像 滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業

IT業務効率

 滋賀県教委は中小企業を含む企業やNPO(非営利組織)の社員、職員らを県内の学校に招き、事業の概要や、事業の経験から得た安全な自転車の乗り方などを教える事業を進めている。

 今年4月30日には、飲食店などのごみを回収し、再利用するなどしている近畿環境保全(滋賀・草津市)が大津市立青山小学校の4年生を対象に社会科の授業で、リサイクルの仕組みなどを解説した。今年4月1日現在では、172団体がこの事業に登録している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

    犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

  4. 12月1日から義務化のストレスチェック、その対応は?

  5. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  6. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  9. 不ぞろいイチゴを未選別出荷し、店頭パック詰め……産地は省力、鮮度を強調

  10. ドローン空撮で災害発生時の情報収集!

アクセスランキングをもっと見る

page top