滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業 画像 滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業

IT業務効率

 滋賀県教委は中小企業を含む企業やNPO(非営利組織)の社員、職員らを県内の学校に招き、事業の概要や、事業の経験から得た安全な自転車の乗り方などを教える事業を進めている。

 今年4月30日には、飲食店などのごみを回収し、再利用するなどしている近畿環境保全(滋賀・草津市)が大津市立青山小学校の4年生を対象に社会科の授業で、リサイクルの仕組みなどを解説した。今年4月1日現在では、172団体がこの事業に登録している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

    農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  3. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

    鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  4. 双日がインドネシアのIoT企業と提携、海外IoT市場へ本格参入

  5. ANA、VR/ARを活用した「総合トレーニングセンター」を新設へ

  6. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  7. ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定

  8. 「中小企業の動画活用」を支援するWEBメディアがオープン

  9. スマートロックのQrioとアパマンショップリーシングが提携…民泊活用

  10. 「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top