滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業 画像 滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業

IT業務効率

 滋賀県教委は中小企業を含む企業やNPO(非営利組織)の社員、職員らを県内の学校に招き、事業の概要や、事業の経験から得た安全な自転車の乗り方などを教える事業を進めている。

 今年4月30日には、飲食店などのごみを回収し、再利用するなどしている近畿環境保全(滋賀・草津市)が大津市立青山小学校の4年生を対象に社会科の授業で、リサイクルの仕組みなどを解説した。今年4月1日現在では、172団体がこの事業に登録している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

    サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

    東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  4. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  5. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  6. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  7. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top