滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業 画像 滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業

IT業務効率

 滋賀県教委は中小企業を含む企業やNPO(非営利組織)の社員、職員らを県内の学校に招き、事業の概要や、事業の経験から得た安全な自転車の乗り方などを教える事業を進めている。

 今年4月30日には、飲食店などのごみを回収し、再利用するなどしている近畿環境保全(滋賀・草津市)が大津市立青山小学校の4年生を対象に社会科の授業で、リサイクルの仕組みなどを解説した。今年4月1日現在では、172団体がこの事業に登録している。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  10. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

アクセスランキングをもっと見る

page top