滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業 画像 滋賀県教委、中小企業の社員ら招き学校で授業

IT業務効率

 滋賀県教委は中小企業を含む企業やNPO(非営利組織)の社員、職員らを県内の学校に招き、事業の概要や、事業の経験から得た安全な自転車の乗り方などを教える事業を進めている。

 今年4月30日には、飲食店などのごみを回収し、再利用するなどしている近畿環境保全(滋賀・草津市)が大津市立青山小学校の4年生を対象に社会科の授業で、リサイクルの仕組みなどを解説した。今年4月1日現在では、172団体がこの事業に登録している。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

    ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 竹中工務店、クラウド型遠隔監視システム開発/IoT技術を活用し業務を効率化

  6. 戸田建設が重機にICT活用/センサーで感知、作業員との接触防止

  7. ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

  8. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  9. 日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

  10. 日建連意見交換会/工事現場業務の効率化を推進

アクセスランキングをもっと見る

page top