17メートル級ブーム、吐出量毎時90立方米の新型コンクリートポンプ車――極東開発 画像 17メートル級ブーム、吐出量毎時90立方米の新型コンクリートポンプ車――極東開発

IT業務効率

極東開発工業は、GVW11トン車に17メートル級のブームを搭載し、大型車並みの最大吐出能力を実現したコンクリートポンプ車「ピストンクリート PY90-17」を開発、7月7日より発売する。

新機種は、機動性の高い中型シャシであるGVW11トン車に、使いやすさを徹底的に追求した17メートル級ブームを搭載したピストン式コンクリートポンプ車だ。

今回新たに、トランスファPTO(動力取り出し装置)を搭載した大容量油圧ポンプを採用。最大吐出量を従来機比約15%アップの90立方米/hに向上。また、メインシリンダのボアアップにより、最大吐出圧も同約73%アップの8.5Mpaに高め、中型車ながら大型車並みの吐出性能を実現している。

価格(税抜・シャシ価格込)は4925万円。

極東開発、新型コンクリートポンプ車を発売…中型車ながら大型車並みの吐出能力

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

    3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

  2. 自作ホームオートメーションなど暮らしを楽しくするIoTコンテスト、作品募集中

    自作ホームオートメーションなど暮らしを楽しくするIoTコンテスト、作品募集中

  3. 建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

    建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

  4. ドローンへのワイヤレス充電が可能に!日本電業工作とエンルートが実証実験

  5. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  6. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  7. 国交省のNETIS、新技術活用進行中!

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  9. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

  10. 西松建設がインフラ監視クラウドシステム開発、省電力LPWAとIoT活用

アクセスランキングをもっと見る

page top