17メートル級ブーム、吐出量毎時90立方米の新型コンクリートポンプ車――極東開発 画像 17メートル級ブーム、吐出量毎時90立方米の新型コンクリートポンプ車――極東開発

IT業務効率

極東開発工業は、GVW11トン車に17メートル級のブームを搭載し、大型車並みの最大吐出能力を実現したコンクリートポンプ車「ピストンクリート PY90-17」を開発、7月7日より発売する。

新機種は、機動性の高い中型シャシであるGVW11トン車に、使いやすさを徹底的に追求した17メートル級ブームを搭載したピストン式コンクリートポンプ車だ。

今回新たに、トランスファPTO(動力取り出し装置)を搭載した大容量油圧ポンプを採用。最大吐出量を従来機比約15%アップの90立方米/hに向上。また、メインシリンダのボアアップにより、最大吐出圧も同約73%アップの8.5Mpaに高め、中型車ながら大型車並みの吐出性能を実現している。

価格(税抜・シャシ価格込)は4925万円。

極東開発、新型コンクリートポンプ車を発売…中型車ながら大型車並みの吐出能力

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  2. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  4. 【特集・スマート決済】人手不足を解消する「Airレジ」のメリット

  5. 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  6. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  7. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  8. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

  9. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

アクセスランキングをもっと見る

page top