熊本野菜を無添加で乾燥させた「HOSHIKO」、ミラノ万博に出品……魅力と県産野菜のブランドPR 画像 熊本野菜を無添加で乾燥させた「HOSHIKO」、ミラノ万博に出品……魅力と県産野菜のブランドPR

インバウンド・地域活性

 熊本県熊本市の野彩八巻が展開する干し野菜「ベジほし子(HOSHIKO)」が7月10日、現在開催中のミラノ万博に出品される。現地のメディア関係者やブロガーらを招待し、PR活動を行う予定だ。

 HOSHIKOは熊本県内の専用農地で栽培された野菜を無添加で乾燥させたもの。たまねぎやパプリカなど27種類を展開しており、そのままでも水に戻して食べられる。常温で長期保存可能な点も特徴だ。

 ミラノ万博では、味とともに常備食としての利便性やアウトドアでの活用など、使い勝手のよさをPRしていく。HOSHIKO自体の認知向上に加え、熊本県産野菜のブランド向上も狙いとしているようだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  7. お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策!

  8. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  9. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

アクセスランキングをもっと見る

page top