電源ICのトレックス、民生機器から車載機器向けに戦略シフト 画像 電源ICのトレックス、民生機器から車載機器向けに戦略シフト

IT業務効率

電源ICの専業メーカー、トレックス・セミコンダクターの芝宮孝司社長は7月1日、都内で社長就任後初の会見に臨み、車載機器や産業機器など非民生分野向けに注力し、柱の事業に育成していく方針を示した。

芝宮社長は「我々は電源ICをまずデジタル家電などの民生向けから展開してきたが、現在では民生分野の競争が厳しいことから、産業、車載、医療機器といった非民生向けの売り上げが全体の40%近くを占めるようになってきた。今後は非民生向けを我々のベースの事業にすべく、製品としては高耐圧、大電流、低ノイズで、非常に小型で省電力といった非常にバランスの良いものを展開していきたい」と述べた。

また2015年度から新たに始まる3年間の中期経営計画も合わせて公表された。芝宮社長は「リーマンショック以降、非常に厳しい時代が続き、我々としては収益力、体力をつけようということで2014年度までの3年間は、それまで民生向け一本槍でやっていきたものを車載や産機、医療関係のシェアを上げることで、収益力を高めてきた」と、前中計を総括。

その上で「次の3年間は世界の中で強みを発揮しながら成長力を向上していく。世界で存在感のある会社になるべく、トレックスというブランドをさらに確立していきたい。売り上げを伸ばしながら将来に向けての投資を積極的に進めていく。事業展開には人材が一番のキーポントになる。アナログ電源は非常に地道に設計をしていかなければならないので、人材を多く集めていきたい」との展望を示した。

新中計では2014年度に99億円だった連結売上を17年度には130億円に、また13.5%だった営業利益率を18%にまでそれぞれ引き上げることを目標に掲げている。芝宮社長は、非民生分野向けの売上比率に関しては「14年度実績は37%だったが、17年度の目標としては55%にまで高めて、ベースのビジネスにしたい」と述べた。

電源ICのトレックス、車載向けを柱に…芝宮新社長「非民生向けに注力」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

    【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

  3. 【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  4. 【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 東京R&D、FCV向け高圧水素タンクなど「人とくるまのテクノロジー展15」に出展

  7. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  8. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  9. 信州大学やアジア航測ら、スマート精密林業の確立へ。研究開発プロが始動

  10. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top