宿泊施設で24時間体制の外国人向け翻訳コールセンターが無料に……滋賀県全域で今後飲食店などにも 画像 宿泊施設で24時間体制の外国人向け翻訳コールセンターが無料に……滋賀県全域で今後飲食店などにも

インバウンド・地域活性

 滋賀県が「外国人観光客宿泊施設向け24時間多言語コールセンター事業」を県内全域に拡充した。県内すべての宿泊施設で、外国人観光客向けの電話翻訳サービスが無料で利用可能になる。

 「外国人観光客宿泊施設向け24時間多言語コールセンター事業」は、京都文化交流コンベンションビューロー、京都市、大津市、奈良市および京都府が連携して行ってきたもの。外国人観光客が宿泊施設に問い合わせなどに来た際に、コールセンターに電話をすることで、24時間体制で通訳してくれる。対応する言語は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の五カ国語。

 滋賀県内では大津市がすでにサービスに参画していたが、県を訪れる外国人観光客数が2014年には前年比77%増の23万人に達したことなどを受け、県として事業に参画。県内全域で他言語翻訳サービスを受けられるようにし、受け入れ体制の強化をはかる。

 また、電話翻訳のほかに、外国語での問い合わせメールの翻訳にも対応。A4サイズ1枚分程度までのメールを、1施設あたり月10件まで翻訳してもらえる。対応言語は電話通訳と同じ5カ国語。

 サービスの利用料は無料。通話料金などは宿泊施設の負担となる。県内宿泊施設には利用方法を記載したリーフレットが送付され、実施期間は2016年3月31日まで。

 今回の事業では宿泊施設のみが対象となっているが、県では今後観光施設や免税店、飲食店などを対象としたサービス事業も計画中とのこと。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top