スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村 画像 スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村

インバウンド・地域活性

 毎年5月の第4水曜日に、学校や職場などさまざまな場所で15分間以上、スポーツをした大人、子どもの割合を自治体別に競い合う「チャレンジデー」(笹川スポーツ財団主催)が5月27日に全国で行われ、集計結果がまとまった。

 参加率が最も高かったのは、青森県新郷村で、117%に達した。同村は例年、チャレンジデー当日に、さまざまなスポーツイベントを開催。村外から参加者がある。今回も住民登録した村民の数を上回る参加があった。昨年は岡山県新庄村が101.8%で最も高く、新郷村は101.2%で2位だった。

 今回は130の自治体が参加。人口規模が近い2つの自治体が組になり参加率を競い合った。負けた自治体は勝った自治体の旗を庁舎に掲揚する決まりがある。今回参加した自治体全体の平均参加率は52.7%だった。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 慶応大学日吉記念館、1958年から約60年ぶりの建替へ

    慶応大学日吉記念館、1958年から約60年ぶりの建替へ

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

    【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  3. 品川駅北周辺地区開発、国際競争力強化につながる複合市街地へ

    品川駅北周辺地区開発、国際競争力強化につながる複合市街地へ

  4. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  5. キナバル山、地震後の初の登頂……ルートの安全性確認

  6. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

  7. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 子どもたちの“こころを育む活動”今年度の活動事例を募集

  10. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

アクセスランキングをもっと見る

page top