スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村 画像 スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村

インバウンド・地域活性

 毎年5月の第4水曜日に、学校や職場などさまざまな場所で15分間以上、スポーツをした大人、子どもの割合を自治体別に競い合う「チャレンジデー」(笹川スポーツ財団主催)が5月27日に全国で行われ、集計結果がまとまった。

 参加率が最も高かったのは、青森県新郷村で、117%に達した。同村は例年、チャレンジデー当日に、さまざまなスポーツイベントを開催。村外から参加者がある。今回も住民登録した村民の数を上回る参加があった。昨年は岡山県新庄村が101.8%で最も高く、新郷村は101.2%で2位だった。

 今回は130の自治体が参加。人口規模が近い2つの自治体が組になり参加率を競い合った。負けた自治体は勝った自治体の旗を庁舎に掲揚する決まりがある。今回参加した自治体全体の平均参加率は52.7%だった。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  2. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top