スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村 画像 スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村

インバウンド・地域活性

 毎年5月の第4水曜日に、学校や職場などさまざまな場所で15分間以上、スポーツをした大人、子どもの割合を自治体別に競い合う「チャレンジデー」(笹川スポーツ財団主催)が5月27日に全国で行われ、集計結果がまとまった。

 参加率が最も高かったのは、青森県新郷村で、117%に達した。同村は例年、チャレンジデー当日に、さまざまなスポーツイベントを開催。村外から参加者がある。今回も住民登録した村民の数を上回る参加があった。昨年は岡山県新庄村が101.8%で最も高く、新郷村は101.2%で2位だった。

 今回は130の自治体が参加。人口規模が近い2つの自治体が組になり参加率を競い合った。負けた自治体は勝った自治体の旗を庁舎に掲揚する決まりがある。今回参加した自治体全体の平均参加率は52.7%だった。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

    ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

  2. どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

    どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  9. 三陸国道の宮古箱石道路磯鶏トンネル、震災や台風水害に強い安全な道路へ

  10. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

アクセスランキングをもっと見る

page top