スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村 画像 スポーツ参加率、今年の1位は青森・新郷村

インバウンド・地域活性

 毎年5月の第4水曜日に、学校や職場などさまざまな場所で15分間以上、スポーツをした大人、子どもの割合を自治体別に競い合う「チャレンジデー」(笹川スポーツ財団主催)が5月27日に全国で行われ、集計結果がまとまった。

 参加率が最も高かったのは、青森県新郷村で、117%に達した。同村は例年、チャレンジデー当日に、さまざまなスポーツイベントを開催。村外から参加者がある。今回も住民登録した村民の数を上回る参加があった。昨年は岡山県新庄村が101.8%で最も高く、新郷村は101.2%で2位だった。

 今回は130の自治体が参加。人口規模が近い2つの自治体が組になり参加率を競い合った。負けた自治体は勝った自治体の旗を庁舎に掲揚する決まりがある。今回参加した自治体全体の平均参加率は52.7%だった。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top