インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名 画像 インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名

制度・ビジネスチャンス

出資額 5年間で6億7210万ドル29日、バンバン・ブロジェネゴロ財務相は、北京の人民大会堂において、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立協定書に署名した。インドネシアの出資額は5年間で6億7210万ドル(約820億円)、AIIBに加盟する57カ国のうち、出資額は8番目となる。AIIB 北京に本部を置き、年内業務開始予定アジアインフラ投資銀行は、アジアにおけるインフラ整備のための資金需要に対応するために中国が設立を提唱した。資本金は、当初は500億ドル(約6兆1000億円)、最終的には1000億ドル(約12兆2000億円)とする予定である。なお、資本金の75%はアジア地域内より、残りの25%はアジア地域外から調達する。出資額は、各国の経済規模に応じて決定される。本部は北京に置き、同銀行の業務開始は年内を予定している。なお、中国の出資額は約300億ドル(約3兆7000億円)で、同国の出資比率は約3割となるほか、投票権は30%程度に達する。同銀行にはイギリスやフランスなど、欧州の国々も加盟しているが、アメリカと日本は、出資の透明性に欠けること、融資基準について疑問点が見られる、との考えから参加を見送っている。

インドネシア AIIB設立協定書に署名 出資額は8番目 

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

    従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  4. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  5. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  6. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  7. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  8. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  9. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  10. 中部の潮流-そこが聞きたい/愛知道路コンセッション社長・東山基氏

アクセスランキングをもっと見る

page top