インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名 画像 インドネシアは第8位の出資額――AIIB設立協定書に署名

制度・ビジネスチャンス

出資額 5年間で6億7210万ドル29日、バンバン・ブロジェネゴロ財務相は、北京の人民大会堂において、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立協定書に署名した。インドネシアの出資額は5年間で6億7210万ドル(約820億円)、AIIBに加盟する57カ国のうち、出資額は8番目となる。AIIB 北京に本部を置き、年内業務開始予定アジアインフラ投資銀行は、アジアにおけるインフラ整備のための資金需要に対応するために中国が設立を提唱した。資本金は、当初は500億ドル(約6兆1000億円)、最終的には1000億ドル(約12兆2000億円)とする予定である。なお、資本金の75%はアジア地域内より、残りの25%はアジア地域外から調達する。出資額は、各国の経済規模に応じて決定される。本部は北京に置き、同銀行の業務開始は年内を予定している。なお、中国の出資額は約300億ドル(約3兆7000億円)で、同国の出資比率は約3割となるほか、投票権は30%程度に達する。同銀行にはイギリスやフランスなど、欧州の国々も加盟しているが、アメリカと日本は、出資の透明性に欠けること、融資基準について疑問点が見られる、との考えから参加を見送っている。

インドネシア AIIB設立協定書に署名 出資額は8番目 

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  6. 建設産業のこれから、「選ばれる産業」へ

  7. どうなる建設市場?ポスト五輪占う~20年以降も堅調の予想

  8. ペイパル、中国の消費者と日本のEC業者を繋ぐサービスを開始

  9. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  10. IoTやAIを活用した造船、国交省が事業募集中!

アクセスランキングをもっと見る

page top