佐川急便ドライバーコンテスト――佐川「女子」にも注目 画像 佐川急便ドライバーコンテスト――佐川「女子」にも注目

イベント

SGホールディングスグループの佐川急便は、佐川急便研修センター自動車教習所で「第23回佐川急便ドライバーコンテスト」を開催した。

佐川急便では、交通法規の遵守、運転技術と点検技術の向上、ドライバーの交通安全に対する意識と運転マナーの向上、交通事故撲滅を目的に、1993年から毎年ドライバーコンテストを実施している。

ここ数年、女性ドライバーの出場も増加し、今大会では25人が出場。同社では「レベルは確実に向上し活躍の場が増えている」としている。

今回の大会では、全国から選抜された総勢81人のドライバー(グループ会社含む)が出場し、日頃培った運転技術や知識を競い合った。

競技の合間には、「スワップボディ」車両のドッキング実演を実施した。スワップボディ車は、本体(ボディ)、枠(シャーシ)、箱(荷台部分)が脱着できる特殊車両。トレーラーと異なり、けん引免許が不要で、大型自動車免許で運転でき、積み込みと運行の切り分けが可能となるため、業務効率化につながることから、今後も積極的に導入していく予定。

競技結果は、個人総合優勝が955点を獲得した神藤亮さん(東京路線営業所・関東支店)、特別賞が926点を獲得した中村愛さん(文京営業所・関東支店)、団体表彰が京都支店で912点だった。

佐川急便、ドライバーコンテストを開催…女性ドライバーも25人出場

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 日本のバブル学ぶ中国人経営者、セミナーに見る未来

    日本のバブル学ぶ中国人経営者、セミナーに見る未来

  2. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

    【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

  3. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

    【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  4. 世界海の日記念イベントは今年は日本開催……「馬力をかける」日本船主協会

アクセスランキングをもっと見る

page top