自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年 画像 自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

マネジメント

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業の自動車メーカー3社は、水素ステーションの整備促進に向けたインフラ事業者に対する支援内容を決定した。

3社は、政府による水素ステーションの運営支援と協調し、水素供給ビジネスへの参入を決めたインフラ事業者に対して水素ステーションの運営に係る経費の一部を支援する。支援割合は3分の1、かつ、支援上限額は1基当たり年間1100万円。支援の周知を図り、水素供給ビジネスへの新たな事業者の参入を促していく。

さらに3社は、燃料電池自動車の普及を目的として、インフラ事業者と共同で、水素充填環境づくりにも取り組む。水素ステーションに関する顧客サービス向上や、アクセスしやすい水素ステーションの整備、広く一般も対象とした燃料電池自動車や水素に対する理解促進および認知度の向上などに取り組んでいく。

トヨタ・日産・ホンダ、水素ステーション整備促進へ支援…1基あたり年間1100万円など

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  2. ASEAN市場の拡大見据え、現地で自動車部品流通の仕組み構築へ

    ASEAN市場の拡大見据え、現地で自動車部品流通の仕組み構築へ

  3. 求む!佐賀のモノづくり人材育成リーダー!産業技術学院の学院長を公募

    求む!佐賀のモノづくり人材育成リーダー!産業技術学院の学院長を公募

  4. 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

  5. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  6. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  7. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  8. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  9. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

アクセスランキングをもっと見る

page top