体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査 画像 体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査

ライフ

 教職員による体罰や暴行について児童・生徒を対象としたアンケート調査を続けている新潟県教委が平成26年度分の集計結果を公表、体罰に当てはまるとした事例は前年度と同じ6件あったことが分かった。

 体罰には当てはまらないが、不適切な指導だとされた件数は3件減って28件あった。体罰・暴行の疑いで県教委に報告があった件数は19件減って61件だった。同県教委は引き続き、体罰・暴行の一層に向けて教員への指導を徹底するとしている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 大衆薬卸の大木がドラッグストアを変身させる

    大衆薬卸の大木がドラッグストアを変身させる

  2. 文科省、いじめ対策など小・中・高校の人権教育の実践事例55例をネット公開

    文科省、いじめ対策など小・中・高校の人権教育の実践事例55例をネット公開

  3. キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

    キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

  4. 寒締め栽培ホウレンソウに「老化予防効果」…農研機構が発見

アクセスランキングをもっと見る

page top