体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査 画像 体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査

ライフ

 教職員による体罰や暴行について児童・生徒を対象としたアンケート調査を続けている新潟県教委が平成26年度分の集計結果を公表、体罰に当てはまるとした事例は前年度と同じ6件あったことが分かった。

 体罰には当てはまらないが、不適切な指導だとされた件数は3件減って28件あった。体罰・暴行の疑いで県教委に報告があった件数は19件減って61件だった。同県教委は引き続き、体罰・暴行の一層に向けて教員への指導を徹底するとしている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE

    企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE

  2. 厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半

    厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半

  3. 第48回産経「高校生文化大賞」作文、論文を大募集

    第48回産経「高校生文化大賞」作文、論文を大募集

  4. 生涯現場との関わり重視…元清水建設社長・野村哲也氏お別れの会

  5. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  6. 教員を対象とした保険教育に関するアンケートを開始

  7. 【回転窓】大工3人の異色バンドに期待

アクセスランキングをもっと見る

page top