体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査 画像 体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査

ライフ

 教職員による体罰や暴行について児童・生徒を対象としたアンケート調査を続けている新潟県教委が平成26年度分の集計結果を公表、体罰に当てはまるとした事例は前年度と同じ6件あったことが分かった。

 体罰には当てはまらないが、不適切な指導だとされた件数は3件減って28件あった。体罰・暴行の疑いで県教委に報告があった件数は19件減って61件だった。同県教委は引き続き、体罰・暴行の一層に向けて教員への指導を徹底するとしている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【回転窓】1メートルは一命取る

    【回転窓】1メートルは一命取る

  2. 遠藤利明五輪担当相、都知事に協力要請――「結論ありきではなくお互い納得する形で」舛添知事

    遠藤利明五輪担当相、都知事に協力要請――「結論ありきではなくお互い納得する形で」舛添知事

  3. 大正琴の魅力を堪能…コンクールに325名が参加

    大正琴の魅力を堪能…コンクールに325名が参加

  4. 太陽光発電システムのブームに陰り?設置率は微増、今後の設置意向は減少

  5. 地下深くの不思議を学ぼう――放射性廃棄物の地層処分への理解を深める

アクセスランキングをもっと見る

page top