体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査 画像 体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査

ライフ

 教職員による体罰や暴行について児童・生徒を対象としたアンケート調査を続けている新潟県教委が平成26年度分の集計結果を公表、体罰に当てはまるとした事例は前年度と同じ6件あったことが分かった。

 体罰には当てはまらないが、不適切な指導だとされた件数は3件減って28件あった。体罰・暴行の疑いで県教委に報告があった件数は19件減って61件だった。同県教委は引き続き、体罰・暴行の一層に向けて教員への指導を徹底するとしている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 旅行業界などは激戦…日本版顧客満足度指数、第4回調査発表

    旅行業界などは激戦…日本版顧客満足度指数、第4回調査発表

  2. 急成長の海外ゲーム市場に参入するには?

    急成長の海外ゲーム市場に参入するには?

  3. 電力自由化に向け、東京電力のスマートメーター活用サービスが本格稼動

    電力自由化に向け、東京電力のスマートメーター活用サービスが本格稼動

  4. レトルト離乳食、野菜売り物の新商品続々! 栄養豊富で調理簡単

  5. [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

  6. 太陽光は売電より自家消費の方がお得!?

  7. 高齢者向けビジネスのキーワードは「カラオケ×ICT」――NTTと第一興商が共同検討

  8. 名古屋と岐阜で最高38度という予報……全国の高温注意情報

アクセスランキングをもっと見る

page top