体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査 画像 体罰・暴行の件数は減らず、新潟県教委調査

ライフ

 教職員による体罰や暴行について児童・生徒を対象としたアンケート調査を続けている新潟県教委が平成26年度分の集計結果を公表、体罰に当てはまるとした事例は前年度と同じ6件あったことが分かった。

 体罰には当てはまらないが、不適切な指導だとされた件数は3件減って28件あった。体罰・暴行の疑いで県教委に報告があった件数は19件減って61件だった。同県教委は引き続き、体罰・暴行の一層に向けて教員への指導を徹底するとしている。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

    “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

  2. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

    【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  3. [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

    [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

  4. ホームベーカリーで手軽に国産小麦粉 「食べ比べセット」販売広がる

  5. 【ご当地美人】やっぱり和服が一番!ミス加賀友禅・中野未那さん

  6. シスメックス「うつ病の検査システム」を開発、実用化目指す

  7. 千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

  8. 2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

  9. 幼児教室顧客満足度No.1は「ドラキッズ」、イード・アワード2015幼児教室

  10. 【ご当地美人】残り1ヵ月を全力アピール……かごしま親善大使・恒吉初美さん

アクセスランキングをもっと見る

page top